岡部 雅人准教授

おかべ まさと / OKABE Masato

, ,

専門分野:刑法
教員からのメッセージ
 新聞やテレビやインターネットなどで毎日のように報道される犯罪に関するニュース,サスペンスドラマやミステリー小説,探偵もののアニメやマンガなど,「犯罪」というテーマは,みなさんにとっても比較的身近に感じられるものではないでしょうか。また,死刑は存置すべきか,それとも廃止すべきか,あるいは,悪質な交通事故を起こした人にどのような制裁が科されるべきかなど,「刑罰」というテーマも,みなさんが日頃から深い関心を持たれているものではないかと思います。
 この「犯罪」と「刑罰」について規定するのが「刑法」という法律で,私が担当するのは,この「刑法」に関する科目です。とりわけ,私の主な担当科目となる「刑法総論」は,殺人罪,窃盗罪,放火罪などの個々の犯罪に共通して存在する成立要件を取り上げて,およそ「犯罪」とは何かを検討する科目です。
 そのため,どうしても抽象的な議論が多くなるので,法律系科目の中でも特に難しいと感じられる科目のひとつだと思います。しかも,学問としての刑法学は,残念ながら,ドラマや小説ほどスリリングなものではありませんので,そういったものを期待して受講されると,もしかするとガッカリしてしまうかもしれません(実は,刑法の授業を初めて受けた,大学1年生のときの私がまさにそうでした)。
 しかし,刑法学は,様々な学説対立が存在するため,ときに激しく議論が展開されるという,エキサイティングな側面を有していますし,法律学の一分野ですが,哲学的・人間学的な側面も有していますので,勉強すればするほど,その奥深さに魅了される学問であることは間違いありません。授業を通して,その面白さや楽しみ方を,みなさんにお伝えできたら幸いです。