佐藤 亮子准教授

さとう りょうこ / SATO Ryoko

,

専門分野:観光まちづくり論
教員からのメッセージ
 日本を訪れる外国人旅客が急増しています。政府が立てた2020年に2000万人という目標は,近々に達成されるでしょう。世界に目を移すと,年間12億人近い人が海外旅行をしています(国連世界観光機関)。世界の人口が73億人ですから,地球上の16%もの人が国境を越えて旅をしているということになります。まさに人類大移動時代です。
 では,そうした人たちが何を見たいかといえば,その国ならではの文化や自然ということになりますが,実は外からきた人たちは,そうしたものを守りつなげている人の暮らを見ているのです。なかでも近年の傾向としては名所旧跡周辺だけでなく,地方の何気ない光景や暮らし,手仕事や食などを体験したいという人が増えている。つまり,グローバルに移動しつつ,ローカルな価値に目が向いているということ。逆に言えば,地域という空間に人々の営みが時間を経て蓄積してきたものの意味を正当に解釈し発信する,すなわちローカルな価値の普遍性をグローバルに問いかけていくことが重要になります。グローバル・スタディーズ履修コースに「観光」を位置づけている所以です。
 まちづくりについても同様です。ローカルな活動はグローバルに共鳴しあっています。「まちづくり」という概念は,アメリカでも「machidukuri」で通用する,あるいは「社区創造」(台湾)や「マウル・カクギ(マンデルギ)」(韓国)といった言葉の元になるなど,グローバルに普遍性を持ち始めています。逆に住民参加(参画)の手法として広まっている「ワークショップ」「ファシリテート」などは海外から入ってきたものですが,ずいぶん日本でも定着してきました。またCSA(CommunitySupportedAgriculture)のように,日本に習って海外で広がった活動が,逆輸入されている例もあります。国境を越えてローカルに学び合い,それぞれのまちづくりに活かしているのです。
 「観光」「まちづくり」はグローバルとローカルを相互に結んでいます。ゼミでも,国内・海外のフィールドをめぐりながら,地域に根ざした観光やまちづくりについて学んでいきます。ローカルでグローバルな地域のダイナミクスを経験することは,社会人への大きな礎になることでしょう。ぜひ一緒に勉強してみませんか。