松井 隆幸教授

まつい たかゆき / MATSUI Takayuki

,

専門分野:国際貿易論
教員からのメッセージ
 歴史と文化の町,ここ松山に平成11年より前勤務先の福岡大学から単身で赴任して参りました。当初は縁もゆかりもなかった松山の地でしたが,いつしか年月は流れて今日に至りました。おそらく居心地が良かったのでしょうね。おかげさまで,今では週に2~3回は松山城に登城し鋭気を養う日々を過ごしています。
 さて私は,このように恵まれた環境の中で,これまで主として2つの研究テーマに取り組んできました。一つは,欧州諸国の通商政策に関する研究です。これは,第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期に欧州を舞台に展開された欧州列強による市場分割と第二次大戦後に二つに分断された東西欧州市場の統合の歩みを中心とした通商政策の史的分析です。もう一つは,中・東欧諸国の貿易と技術に関する研究です。これは,西側先進諸国と旧社会主義諸国との技術水準の比較分析と西側先進諸国から導入された外国技術の役割及び東欧諸国における国内の研究開発(R&D)に関する分析です。またゼミでは,これまで環境にまつわる諸問題について取組んできました。
 私のモットーは,「やさしく教え,採点は厳しく」です。学生諸君にいちばん嫌がられるタイプかも知れませんね。そこで好奇心旺盛なみなさん,どうぞ学生時代にいろんなことにチャレンジしてみてください。人は,とかく早く成果をあげたがるものですが,ここは焦らず腐らず諦めず「三歩前進,二歩後退」ぐらいの気持で一歩一歩確実に歩み続けて欲しいと思います。もっとも二歩進んで三歩下がるのはちょっといただけませんがね。談