寺内 浩教授

てらうち ひろし / TERAUCHI Hiroshi

,

専門分野:日本史
教員からのメッセージ
 皆さんは平安時代といえばどんなイメ一ジをもっておられるでしょうか。10世紀になると律令制度は崩壊し,都の貴族は政治をかえりみずに形式的な儀式や宴会にあけくれ,地方では貪欲な受領が収奪を欲しいままにしていた。そのため国政は乱れ,人々は自衛のため武装し,多くの武士団が生まれた。だいたいこんなところが平安時代についての一般的なイメ一ジではないでしょうか。しかし,ここ20年ほどの間に従来の平安時代史像は一新されつつあります。律令制度は変容しつつも国内に定着したこと,平安貴族も政務に励んでいたこと,武士団は国家の側から軍隊として組織されたものであること,などが近年の研究で明らかにされました。つまり,平安時代は決して政治の乱れた時代ではなく,中央・地方ともに一定の秩序が保たれた時代というのが最近の通説です。
 このように,日本史の研究は,日本の過去の歴史的事実を明らかにし,新しい日本歴史像を構築することを主要な目的としています。高校までの日本史はこれまでの通説を暗記するだけの受動的・消極的なものだったと思いますが,本当の日本史はもっと能動的・積極的なものなのです。もっとも,通説を打破し,新しい歴史像を打ち立てることは決して容易ではありません。通説の誤りを批判し,多くの難解な史料を読みこなし,自己の新説が正しいことを論理的に証明せねばなりません。そのためには,現在及び過去に対する鋭い問題意識,物事を論理的に判断・思考する力が不可欠です。日本の過去の歴史的事実を覚えるのではなく,批判的・論理的思考を積み重ねてそれを発見すること,それが大学で学ぶ日本史です。