田﨑 博之教授

たさき ひろゆき / TASAKI Hiroyuki

専門分野:考古学
教員からのメッセージ
 大学に入学したときは,東洋史か地理学を勉強したく思っていましたが,友人に誘われ発掘調査に生まれてはじめて参加し,自ら掘り出すことできた遺物や遺構,現場が終わった後のビールのうまさに惹かれて,考古学を志望。発掘調査で出土する資料や,発掘という体験で得られたインスピレーションはそのままでは多様で混沌とした状態ですが,その中から一貫した体系を組み立てていくことで人間社会を研究・復元できることに興味をもちました。
 現在の研究のメインテーマは,日本列島・朝鮮半島・中国大陸を含めた東アジアの農耕社会の研究。最近は,焼かれている途中に壊れて捨てられた土器を素材に,分業という集落や地域間の協同関係から社会構造を追求しています。また,発掘調査を通じて考えたのは,人間の社会が環境とともにあるのなら,遺跡が営まれた当時の地形や植生などの土地環境を含めて研究する必要があること。演劇にたとえるなら,遺物は小道具,遺構や遺跡は大道具,そして土地環境は舞台装置。その中で役者の様々な動きが見えてきます。どのように人間が土地環境を利用し開発していくかを,集落遺跡や水田遺跡の分析から考えるため,沖縄西表島や韓国・中国での調査に出かけています。
 以上は自己紹介ですが,考古学では,こうした自らの生の経験をベースとしながら,多様な課題を設定し人間文化・地域文化・歴史文化を研究していきます。それは,生きた文化や生きた社会を学ぶことであり,新たな文化や社会を創ることにもつながります。考古学を一緒に勉強してみませんか。