専門共通英語担当教員

Piotr Rosne助教

ピオトル ロズネ / Piotr Rosne

専門分野:専門共通英語

メッセージを見る

教員からのメッセージ
Four years at a university may seem like a long time to you, but it isn’t. If possible, I would like you to decide relatively early what you wish to study here and then focus all your energy on that choice. Many students who come here seem lost: they’re not sure where their interests lie, who or what they like, what they would like to be or do in the future. If your reason seems ambivalent follow your instinct. Think about the things you like to do in your free time, for example, books you like to read, movies you like to watch or music you like to listen to. Draw a conclusion from those preferences and it should be easier for you to determine your future. In my case, this realization occurred to me relatively early in my life. In elementary school I knew I preferred humanities to science, and in high school I was attracted to literature, in particular Austrian literature of the fin de siècle period. And Greek philosophy, mainly the Cynics. And music, art, and many other related things. I had tried my hand at various things, but in the end I realized that language is perhaps the medium that, realistically speaking, can give me the greatest satisfaction. My road to being a teacher here has been twisted and sometimes arduous, but I have seldom regretted this choice. Satisfaction from what one is doing is perhaps the greatest reward one can wish for from one’s occupation. Money, as important as it may seem, cannot really come close to the feeling of self-fulfilment one can gain from a deeply satisfying job. So, I would like you to ruminate on it for a while and to choose wisely because this decision will affect the rest of your life.

早田 美保助教

はやた みほ / HAYATA Miho

専門分野:専門共通英語

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 英作文の提出レポートを見ていて、書いてあることと同じくらい消した語や表現に注目しています。なぜ使わなかったのか?使い方に自信がなかったのではありませんか。ではなぜ、そう言えるのか。私にもそういうことがあるからです。
 「どうしたら英語ができるようになりますか?」教室でも学外でも、数えきれないくらい聞かれてきました。そのたびに、苦手意識を少しでも減らすことと答えてきました。たいがいあまり納得のいかない顔をされてしまうのですが。
 これまでの英語学習や受験英語は無駄ではありません。ただ、英語に対する意識が高校までのもので止まってしまっているとしたら、もったいないことです。字幕にない部分を聞いてわかった喜び、気になる有名人のSNSを読む面白さ、伝えたいことが伝わる嬉しさ、資格試験の結果で得る達成感など、知れば知るほど楽しさは増えていきます。外国語を学ぶことは、それだけですでに異文化を知る貴重な機会です。
 大学の英語、という特殊なものはありません。しかし、これまで学んだ英語のよりよい使い方、勉強の続け方は大学でこそ学べるものだと信じています。ほんの少し立ち止まって考え、調べてみましょう。自信のない単語や表現から苦手意識が生まれます。そして、英語に関することならどんな小さなことでも尋ねてください。専門分野に向かう時に英語で欲しい情報を調べて楽しめるよう、お手伝いしたいと思っています。苦手意識を少しずつ減らして、新たな英語学習の扉を開ける勇気を手に入れましょう。たくさんの科目を用意して、私はみなさんを待っています。