人文学履修コース

諸田 龍美教授

もろた たつみ / MOROTA Tatsumi

,

専門分野:中国文学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 高校で漢文が好きだった人は多いはず。中国古典文学は,その漢文の中でも,詩や小説・散文など,文学的な分野を深く探究する学問です。中国の古典や伝統文化は,みなさんが想像する以上に,日本文化に対して計り知れない影響を与えてきました。まずは言葉。日本語を支える二大柱は和語と漢語ですね。その漢語の多くは中国からの輸入語です。例えば「椅子」って漢字,なぜ「イス」と発音するのでしょう?変じゃありませんか?実はそれ,中国語音(イ~ズ)の日本語なまり,なんです。つまり我々は,無意識のうちに中国語を話しているというわけ。すなわち,中国の伝統文化が,日本人に与えている影響は「無意識に及ぶほど深い」のです。まあ,大ざっぱに漢字・漢語=(古典)中国語と言えるのですから,日本語の半分は(古典)中国語が支えているといって過言ではありません。人間は「言葉」によって「世界」や「自分」を「解釈」しています。だとすれば,「あなた」という人間を深い次元で成り立たせている〈日本語や日本文化〉,それをさらに育んだ「母胎」─この際「お父さん」のことは忘れましょう─が,中国古典文化だったとしたら,どうでしょう?─あなたが「あなた」という人間を理解するためには,中国古典文化への理解が欠かせない,ということになるのではありませんか?─恥ずかしながら私(学生時代〈自分〉捜しをしていた私)は,こうして,心理学→日本語学→日本古典文学へと遡(さかのぼ)り,とうとう中国古典文学の研究にたどり着いた,という次第です。世の中〈瑣末なトリビア〉が流行ですが,せめて学生時代には,エッセンシャルな〈本質の探求〉に挑んでみませんか?〈「世界」の解釈法〉や〈人としての個性的な生き方〉,〈言語感覚や美的感性〉を磨く「文学」という分野は,そのために最も有効な─しかも実に魅力的な─生きた総合的学問の一つだと,私は信じています。

弓削 俊洋教授

ゆげ としひろ / YUGE Toshihiro

,

専門分野:中国文学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
[専門分野]
 授業科目は「中国文学」ですが,現代中国の文化を広く研究しています。たとえば中国の漫才や歌,学校教科書なども私の研究対象です。現在の研究テーマは「中国人のユーモア」で,漫才や笑い話などを例にしながら,風刺性という観点から日中の文化的比較を行っています。また,中国の教科書における日本・日本人像を通して,中国人の日本観についても解明しています。

[ゼミ生の卒業論文]
 私同様,ゼミ生の興味関心も多様です。たとえば卒業論文のテーマは,20世紀中国の女性作家,中国映画史,中国漫才「相声」,愛国主義教育の実態,毛沢東思想の功罪,広東語と北京語の比較研究など,まさに百花繚乱の有様です。間口は広く,奥行きは深い,そんな研究指導が私の信条です。

[学生指導で特に力を入れていること]
 学生時代にしかできないことがあります。留学もその一つでしょう。私は愛大赴任以来,学生の海外留学を積極的に指導し援助してきました。そのためゼミ生のほぼ全員が中国での短期研修の経験をもっています。その中からは毎年,長期留学を志す学生が出ており,授業料・宿舎費免除の中国政府奨学金留学生試験にも11年連続で合格者を出しています。さらに留学で培った中国語能力を生かして就職し,国内外で活躍している卒業生も少なくありません。「留学」を学生時代の目標に据えて,専門と語学の勉強に励む学生たちの姿は私の誇りであり,かれらに続く人が私の研究室のドアを敲いてくれるのをお待ちしています。

池 貞姫教授

ち ぢょんひ / CHI Jong Hi

,

専門分野:朝鮮言語文化

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 近年,日本と朝鮮半島との関係がダイナミックに変化し,その関係がますます深まるにつれて,お隣の文化について関心を持つ人がここ愛媛でもグンと増え,朝鮮語学習人口も飛躍的に増大しました。松山でも韓国直行便が飛ぶようになって十数年が経ち,今では韓国人観光客が松山の地を多数訪れ,多くの韓国人留学生たちが愛大のキャンパスでも学んでいます。また,松山には四国で唯一の朝鮮学校が存在し,在日韓国・朝鮮人の子供たちが学んでいます。私も日本で生まれ育った在日三世で,日本と朝鮮半島の狭間で二つの文化に揉まれて様々なことを感じながら,生きてきました。授業では,朝鮮語の話題を初めとして,朝鮮半島の文化的背景について講義をし,意見交換をしていきます。朝鮮語は,日本語と,語順や漢字語彙などにおいて高い類似性を見せながらも,興味深い相違点が多々見られます。また,日本と朝鮮半島は同じ東アジアに属し,多くの共通項も持ちつつも,異なりを見せている「似ていて異なる」存在同士だといえるでしょう。一見似ていると見えるお隣の言葉や文化を鏡合わせすることによって,それぞれの国の言葉や文化もその姿が浮き彫りになってくるのだと思います。お隣の国のことを勉強しながら,自分の国のことを見つめ直してみませんか。そして,近い存在同士,お互いのことを理解しあってよりよい関係を築いていきませんか。