ヤン ヒョクジンさん

ヤン ヒョクジンさんYANG HYEKJIN

学科:総合政策学科 昼間主コース
入学:2014年度
出身:[韓国] 孝子高等学校
留学先:[ウガンダ]
※2017年9月現在

ムービーを見る

矢野二葉さん

矢野 二葉さんYANO Futaba

学科:人文学科 昼間主コース
入学:2014年度
出身:[愛媛県] 愛媛県立松山西中等教育学校
留学先:[カナダ] トロント ILAC Toronto校
※2017年9月現在

ムービーを見る

高谷真優さん

高谷 真優さんTAKAYA Mayu

学科:人文学科 昼間主コース
入学:2015年度
出身:[岡山県] 岡山県立倉敷青陵高等学校
留学先:[イギリス] リバプール 
Kaplan International Liverpool校
※2017年9月現在

ムービーを見る

松石諒子さん

松石 諒子さんMATSUISHI Ryoko

学科:人文学科 昼間主コース
入学:2016年度(第3年次編入学)
出身:[島根県] 島根県立大学短期大学部
留学先:[中国] 北京 中央民族大学
※2017年9月現在

ムービーを見る

秋岡美香さん

秋岡 美香さんAKIOKA Mika

学科:総合政策学科
入学:2013年度
出身:[東京都] 宝仙学園高等学校
留学先:[マレーシア] [台湾]
※2017年11月現在

メッセージを見る

イスラム文化を肌で感じたマレーシア留学

 私は愛媛大学に入学してから、法文学部での授業はもちろんのこと、その他、台湾フィールドワーク、地域に密着した学習、留学など様々なことに取り組んできました。その中でも私にとって1番大きな挑戦だったことはマレーシア留学です。
 私は大学1・2年生の時に、日本とインドネシアの農山漁村で地域について学ぶプログラムに参加しました。この際に、インドネシアの学生と関わることを通じて、イスラム文化に興味を持つようになりました。そこでイスラム文化について学べる国に留学したいと考えるようになりました。私の所属していた法文学部総合政策学科グローバル・スタディーズコースの先生方や国際連携課の先生方と相談した結果、最終的に約10ヶ月のマレーシア留学を決めました。愛媛大学法文学部からマレーシアの大学に長期間留学した学生は他に居らず、苦労も多くありました。しかし大学の授業での学び、またマレーシアの友達、その他主にアフリカ・中東・中国(回族)等世界中からの友達と関わり、共に生活することで、日本では感じることのないイスラム文化やイスラム的な生活を肌で感じることが出来ました。
 この様に、愛媛大学法文学部では授業を通じてはもちろんのこと、それに加え、実際に現地に行って学ぶことが出来る、またその学びを応援して下さる先生方がいらっしゃいます。
 是非、受験生の皆さんも愛媛大学法文学部の一員として、何か新たなことに挑戦してみませんか?

中岡千尋さん

中岡 千尋さんNAKAOKA Chihiro

学科:総合政策学科
入学:2014年度
出身:[愛媛県] 済美高等学校
留学先:[インド]
※2017年11月現在

メッセージを見る

「人」に恵まれ、充実した大学生活

 私の愛媛大学での学生生活は、沢山の「人」との出会いに恵まれ、とても充実したものとなりました。その主な出来事は3つあります。
 1つ目は、グローバル・スタディーズコース(GSC)での学びです。私が所属しているGSCは、国際関係について法律や政治、経済等の観点から学ぶコースです。その分野に関心のある学生が所属しているため、お互いの興味のある国際ニュースや知識を共有したり、行ってみたい国、行ったことのある国について情報交換したり、とても楽しく、良い環境の中で過ごすことができました。また、GSCの醍醐味ともいえる、海外フィールドワーク研修があります。これは授業の一環として実際に海外へ行き、テーマに基づき調査や研究を行う海外研修です。私は2016年の夏に、約10日間インドへ行きました。現地ではアンケート調査を行い、実際にインド人学生に英語でインタビューをしました。調査だけでなく、インド料理を堪能し、インド人学生にお好み焼きを振る舞うなどして、異文化交流も楽しむことができました。
 2つ目はカナダへの語学留学です。私は英語力の向上を目指し、1か月間カナダのバンクーバーへ行きました。大学の先生のサポートもあり無事に生活することができ、また、現地では沢山の国籍の人と交流を深め、今でも連絡をとっています。語学力が向上したことはもちろん、現地で生活するからこそ新たな発見、出会いもあり、とても面白い経験になりました。
 3つ目はサークル活動です。私は法文学部新歓学祭実行委員会に所属をしていました。年に一度、4月に開催される新入生を対象にした「ハリボテ大会」の企画・運営を行う委員会です。そこで出会った先輩方、後輩、そして同回生に恵まれ、皆で協力して作り上げる、楽しさ、達成感を味わいました。
 これから愛媛大学に入学する学生の皆様にも、ぜひ沢山のことに挑戦し、様々なことを経験してほしいです。そして、これから出会う仲間とともに、充実した大学四年間になりますよう、祈っています(^^♪

妹尾朗仁さん

妹尾 朗仁さんSENOH Akihito

学科:人文学科
入学:2015年度
出身:[岡山県] 岡山県立大安寺高等学校(現岡山県立大安寺中等教育学校)
留学先:[イギリス] Kaplan International Manchester
※2017年11月現在

メッセージを見る

充実した環境

 私は、以前から海外の文化や言語に興味があり、国際的な職業や活動に関心があったため法文学部を選びました。
 このとき法文学部を選んだことが、大きく私の大学生活、さらには今後の人生に大きな影響を与えてくれたと感じているので、今になって本当に法文学部に入ってよかったと思っています。
 法文学部で学ぶことの大きなメリットは、自分と同じように海外の文化や言語に興味を持っている多くの学生や、経験豊富で私たち学生の疑問や相談についていつも優しく親身になって考えてくださる先生方に出会えることです。
 私自身も大学生になったら海外に留学して英語を学んでみたい!という強い思いがあり、実際にイギリスに行って英語を学んできたのですが、そのときも先生方にいろいろ相談に乗っていただき、多くのアドバイスをいただいたおかげで、初めての留学に対する不安や心配を解消することができました。
 また、周りの多くの学生が留学をしているので、留学を身近に感じることができるということも法文学部で学ぶことの大きなメリットの1つだと感じています。
 こういった充実した環境に囲まれて、毎日良い刺激を受けながら楽しい大学生活を過ごすことができています。
 将来は、英語を使った仕事や海外に携わる国際的な職業に就きたいと思っていますが、少しでも国際的な職業や事業、文化に興味がある学生のみなさんには法文学部で学ぶことを強く勧めます。

河崎涼花さん

河崎 涼花さんKAWASAKI Suzuka

学科:人文学科
入学:2013年度
出身:[広島県] 広島県立尾道北高等学校
留学先:[イギリス] University of East Anglia
※2017年11月現在

メッセージを見る

自己投資の4年間 ー出逢いに感謝してー

〈没頭できるモノとの出逢い(専攻・サークル活動)〉
 大学で主専攻分野として「英語学」に出逢い、日英語の翻訳演習を通じて、歌詞や絵本、文学作品を比較分析し、「言葉」から紡ぎ出される語源やエッセンス、時代背景など、その奥深さに魅了されました。副専攻の「日本語教育学」では、非日本語母語話者への実践指導を行い、彼らの言語感性や、言語習得によって広がる人間の可能性を感じました。こうした決して切り離せない「ヒトと言葉」の関係性を学んだことは、私の現在の専攻にも繋がっています。
 そして、約3年間所属したEnglish Speaking Society(英語サークル)の存在をなくしては、私の学部生活を語れません。学業との両立におけるマネジメント力を養ったこと、英語ディベート活動での各種大会への出場を通じ、データ分析力、論理的・批判的思考力やスピーチ力を鍛えたことは、どれも私の財産であり、自信となっています。そんな財産を共に築き上げたメンバーとの出逢いはかけがえのない一生の宝物です。

〈社会・世界との出逢い〉
 学内だけでなく、学外の活動に対しても「情報を集めて掴みに行く力」を発揮し、社会的・国際的視座を養うことできるのは大学生の特権です。私は、NPOでのインターンシップや、UNICEF協会の活動、キャリアセミナーや学生サミットなどへ参加し、海外活動としては、ジャーナリズム研修(ミャンマー)・外務省事業の就業体験(米国)・NGOインターンシップ(インド)を経験しました。その時出逢った人や状況、経験は自分を作り上げる要素になります。自己投資を惜しまず、挑戦し続けることができたのは、愛媛大学の先生や職員の方々のご支援のおかげです。

〈自分との出逢い〉
 様々な挑戦を決断する中で、金銭面・時間の調整・家族の了承などの悩みはつきものでしたが、その過程で自分としっかり向き合い、客観的に自分を捉えることができました。思いを基に優先順位をつけるもう一人の自分と出逢えました。愛媛県は立地面で制約があるかもしれませんが、私は、地方学生ならではの取捨選択の訓練、色んな自分と出逢う機会としてポジティブに捉えていました!

 最後に、私は今、4年間の出逢いを繋げてみた結果、イギリスの大学院にて教育開発学を学んでいます。新たな世界で、新たな人間関係を築きながら、新たな自分の人生計画を考えている最中です。
 さてみなさんは、愛媛大学の学生として、誰と何と、そしてどんな自分と出逢いたいですか?大学生活では、是非、納得のいく自己投資を…!!出逢った人、モノ、経験は全て繋がり、道となります。みなさんに素敵な出逢いが訪れますように…