学べる学問分野

法律学 国際法・国際安全保障法
政治学 政治システム論・国際関係論・国際協力論・歴史政治学
経済学 国際貿易論・国際金融論・ヨーロッパ経済論
観光学 観光政策論・観光まちづくり論・観光経済論・国際観光論
言語文化学 英語学・英米文学・英米文化・英語コミュニケーション論・ドイツ言語文化論・フランス言語文化論

教育方針

グローバル・スタディーズ履修コースにおいては、多文化社会の一員として進んで協働的な人間関係を築き、地域に根ざしたグローバルな視点から、地域と世界の接点となる仕事に進んで従事しうる、グローバルな実践知を有する人材を育てることをめざします。そのために、以下の3点を教育の基本方針とします。

  1. グローバルな諸課題と地域の諸課題の関連性を踏まえたうえで、多角的視点から総合的に検討するため、人文科学と社会科学両分野の学際的教育に力点を置きます。
  2. 大学での学びを、グローバル化した現代社会で応用できるようにするため、原則としてすべての学生が、海外で自らを「外国人」の立場に置き、そのなかで言語や文化の相違を理解したうえで、協働的人間関係をつくる体験をさせます。
  3. 人文・社会科学を融合させた幅広い学びを基盤としつつ、専門とする学問分野及び国や地域を選択させ、学士レベルにふさわしい専門的かつ複合的知識を身につけさせます。

アドミッション・ポリシー(学生受け入れの方針、入学時に問われる能力)

  1. 知識・理解
  2. 外国語、国語、地理歴史、公⺠、数学、理科などについて、⾼等学校卒業相当の知識と技能を有している。
  3. 思考・判断
  4. 物事を多⾯的に考察し、⾃分の考えをまとめることができる。
  5. 関心・意欲・態度
  6. グローバルな諸課題につき、⾃らに関わりある問題という視点から積極的な関⼼をもっている。
  7. 技能・表現
  8. ⾃分の考えを、⽇本語を⽤いて他者にわかりやすく、⼝頭や⽂章で表現できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針、カリキュラムの特徴・特色)

  • 専⾨⼊⾨科⽬群、グローバル・コア科⽬群、専⾨基盤科⽬群、専⾨展開科⽬群、演習科⽬群、学際融合科⽬群を用意します。
  • 専⾨⼊⾨科⽬では、学⽣が⼈⽂社会科学諸分野に対する関⼼を持ち、学際的な視点の基本を⾝につけるため、グローバル・スタディーズ基礎等の科⽬を用意します。
  • グローバル・コア科⽬では、学⽣が⾃分の進路を構想しつつ、交渉⼒・協働⼒などの汎⽤能⼒や外国語運⽤能⼒を強化するため、実践的諸科⽬を用意します。
  • 専⾨基盤科⽬では、学⽣が⼈⽂社会科学の諸分野を学ぶうえで基盤となる知識とスキルを⾝につけるため、基幹的な諸科⽬を用意します。
  • 専⾨展開科⽬では、学⽣が⼈⽂社会科学の各分野での学びをさらに進めるために必要な知識とスキルを⾝につけるため、応⽤的な諸科⽬を用意します。
  • 演習科⽬では、学⽣がこれまでに⾝につけた知識やスキルを深め統合し、新たな問題を発⾒しその解決に貢献する能⼒を⾝につけるため、少⼈数教育を徹底します。
  • 学際融合科⽬では、学⽣が⾃分の⽬的に応じて、⼈⽂社会科学諸分野にわたる学際的な視点を強化するため、幅広い諸科⽬を用意します。
  • 卒業までに原則としてすべての学⽣が海外体験できるカリキュラムを設定します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

  1. 知識・理解
  2. ⼈⽂科学と社会科学両分野の基礎的知識を⾝につけている。
  3. ⼈⽂科学・社会科学のある特定の専攻分野における専⾨知識及び活⽤技法を⾝につけている。
  4. 思考・判断
  5. グローバリゼーションに伴う諸問題にグローカル・マインドをもって多元的・多⾯的に取り組むため、実体験に⽀えられた教養と知識(グローバルな実践知)に基づいて、⾃ら課題を設定し論理的に考察することができる。
  6. 関⼼・意欲・態度
  7. 国際社会・多⽂化社会の⼀員としての⾃覚を持ち、⽂化の違いや国境を越えて、協働的な⼈間関係を形成することができる。
  8. 課題の設定や達成に必要な知識と実体験を、⾃ら積み重ねることができる。
  9. 技能・表現
  10. 国際的・多⽂化的な活動に必要な語学⼒を有している。
  11. 必要な情報を幅広く収集し、整理・分析することができる。
  12. ⾃らの思考の過程と結果を、明確に説明することができる。