学べる学問分野

法律学 憲法・行政法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・労働法・社会保障法・税法・独占禁止法・知的財産法・国際私法・環境法・刑事政策・法理学・法社会学
政治学 現代政治理論・現代イデオロギー論・行政学・地方自治論・政治過程論・政策情報論
経済学 マクロ経済学・財政学・統計学・経済政策・社会政策・西洋経済史・経営政策学

教育方針

グローバル化した現代社会の様々な問題は相互に密接な関係にあることから、これらの諸問題の本質を見極め、原因を究明するとともに、それを取り除く解決策を提言するには、法律学・政治学・経済学などの社会科学に関する総合的、体系的な知識が不可欠です。法学・政策学コースは、これらの社会科学の知識と分析手法とを根底に置きつつ、人文学の知見をも取り入れて、現代社会における公共性を捉え直し、法制度の下での政策を再構築する能力を育成します。

アドミッション・ポリシー(学生受け入れの方針、入学時に問われる能力)

  1. 知識・理解
  2. 国語、外国語、地理歴史、公⺠、数学、理科など⾼等学校や中等教育学校などで学習する範囲の知識を有し、それらの基本的内容を理解している。
  3. 思考・判断
  4. 物事を多⾯的に考察し、⾃分の考えをまとめることができる。
  5. 関⼼・意欲・態度
  6. 国際性・公共性や政策などを中⼼とした現代社会や組織の諸課題に興味・関⼼を持っている。
  7. フィールドワークなどの現場体験型実習に積極的に参加する意欲を持っている。
  8. 技能・表現
  9. ⾃分の考えや⾏動に責任を持ち、相⼿にわかりやすく伝えることができる。
  10. 幅広い⼈間性・柔軟性・協調性を持ち、周囲の⼈と良好な関係を維持することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針、カリキュラムの特徴・特色)

  • 専⾨教育科⽬を専⾨⼊⾨科⽬群、専⾨基盤科⽬群、専⾨展開科⽬群、演習科⽬群、実践科⽬群及び学際融合科⽬群に区分します。
  • 専⾨⼊⾨科⽬群には、法律学・政治学・経済学等の基礎的知識を修得させる科⽬、⽇本⽂化に関する科⽬及び英語の運⽤能⼒を涵養する科⽬を配置します。
  • 専⾨基盤科⽬群には、法律学・政治学・経済学等の専⾨的知識や⽅法論を体系的に学ばせるため、基幹となる科⽬を配置します。
  • 専⾨展開科⽬群には、専⾨基盤科⽬群で修得した学問的素養を基礎にして、より専⾨的な知識や⽅法論を修得させるために応⽤科⽬を配置します。
  • 演習科⽬群では、それまで修得した知識・スキルを統合し、多⾓的な問題解決と新たな価値の創造につなげていくための能⼒を養います。
  • 実践科⽬群には、学⽣が主体的に学ぶとともに実践的局⾯において柔軟に対応できるよう、実践基礎科⽬と実践応⽤科⽬を配置します。
  • 学際融合科⽬群では、⼈⽂学の基本的なものの⾒⽅・考え⽅を⾝につけさせます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

  1. 知識・理解
  2. ⼈⽂社会科学を基礎とした幅広い教養を⾝につけている。
  3. 法律学・政治学・経済学といった社会科学の専⾨的知識及びその活⽤⽅法を⾝につけている。
  4. 思考・判断
  5. グローバル化した現代社会や組織の諸課題を⾃ら発⾒し、グローカル・マインドをもって多⾓的視点から論理的に考察し、総合的に判断することができる。
  6. 関⼼・意欲・態度
  7. 主体的学びの中で、諸課題に対する関⼼を積極的に持ちつづけることができる。
  8. 社会貢献を念頭に置き、社会や組織の⼀員として⾃覚と責任を持ちながら他者と協働することができる。
  9. 技能・表現
  10. 諸課題の解決に必要な情報を収集・整理・分析することができる。
  11. 様々な⾔語やツールを活⽤することで、⾃らの思考・判断のプロセス及び結果をわかりやすく説明することができる。

昼に働ける「夜間主コース」

夜間主コースは、平日夜間と土曜午後をおもな授業時間帯として学ぶコースです。昼間は働きながら夜に学びたいとする社会人はもとより、子育てが一段落して夢に向けて勉強しなおしてみたい人、定年退職後にもう一度学ぶ喜びを味わいたい人、経済的事情などからできるだけ安い学費で学びたいという若い学生まで、多様な学生が入学しています。夜間主コースの一番の魅力は、異なる世代の学生が一緒に学び、励まし合い、切磋琢磨できることでしょう。

夜間主コースの授業時間は、平日の18:00 から21:10までと、土曜日の午後です。ただし昼間主コースの授業を受けることも可能であり、その授業は、30単位の範囲内であるならば、卒業に必要な単位として認められます。夜間主コースの学生は、1年次終了時に、法学・政策学履修コースにするのか、人文学履修コースにするのか、両者のいずれかを選択します。法学・政策学履修コースでは、社会科学の主要分野をまんべんなく学ぶことができます。人文学履修コースでは、昼間主コースと同じ教育内容について学ぶことができます。