法文学部は、グローバル化した現代社会において、グローカル・マインド(glocal mind)(世界と自分が生きている地域とを有機的全体と捉え、地域の問題と世界全体の問題とを連関させてその解決策を考えようとする心の在り方)をもって新たな文化・社会の在り方を構想し、その実現に寄与するために生涯にわたって学び続け、学びの成果を行動に移すことができる、人文社会諸科学の知識を基盤とした幅広い教養と実践的能力(実践知)を有する、汎用的能力の高いグローバル人材を育成することを目的とする。したがって法文学部を卒業する学生には、以下のような能力や資質を身につけていることが要求される。

アドミッション・ポリシー(学生受け入れの方針、入学時に問われる能力)

  1. 知識・理解
  2. ⾼等学校で学習する国語、外国語、地理歴史、公⺠、数学、理科などについて、⾼等学校卒業相当の知識と技能を有している。
  3. 思考・判断
  4. 物事を多⾯的に考察し、⾃分の考えをまとめることができる。
  5. 関⼼・意欲・態度
  6. ⼈間及び⼈間の創り出した⽂化や現実の社会から提起される諸問題に興味関⼼を持ち、それを⼤学における勉学を通じて追求し、勉学の成果をグローバル化した現代社会に活かしたいと考えている。
  7. 技能・表現
  8. 所与の問題について、⾃分の考えを⽇本語でわかりやすく表現できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針、カリキュラムの特徴・特色)

  • 学位授与⽅針を実現するために、共通教育においては、全学の教育⽅針に従って、汎⽤的能⼒と語学⼒の基礎及びスタディスキルとソーシャルスキルの基礎を⾝につける科⽬を履修させるとともに、幅広く教養教育科⽬を履修させることによって、⼤学における学びの基礎と幅広い教養を⾝につけさせる。
  • その基礎の上に、専⾨⼊⾨科⽬として、⼈⽂社会諸科学に関する基礎知識を修得させる科⽬、⽇本⽂化及び現代⽇本に関する科⽬、⽇本語の⼗分な運⽤能⼒を涵養する科⽬を配置する。
  • 専⾨の履修コースとして、各学⽣に専攻分野を中⼼とする専⾨科⽬(【専⾨基盤科⽬群】【専⾨展開科⽬群】【演習科⽬群】)を体系的に履修させ、さらに、学びの成果を社会に活かす実践知を涵養する科⽬として、アクティブ・ラーニングの⼿法を全⾯的に取り⼊れた【実践科⽬群】を設定する。またさらに、学⽣個々の興味関⼼にしたがって⾃由に学びを広げたり深めたりすることができる【⾃由選択】を設定する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

  1. 知識・理解
  2. 幅広い教養と⼈⽂社会諸科学の基本的な知識を⾝につけている。
  3. ⼈⽂社会諸科学のいずれかの分野の専⾨的知識と技能を⾝につけている。
  4. 思考・判断
  5. ⼈間・⽂化・社会の在り⽅について、グローカル・マインドに⽴脚した多⾓的な視点から、論理的にかつ客観的に分析し考察することができる。
  6. 課題を⾃ら設定し、それぞれの学問領域の研究⼿法に即してその解決策を考えることができる。
  7. 関⼼・意欲・態度
  8. つねに学び続け、⾝につけた知識・技能を活かしてグローバル化した現代社会に貢献しようとする意欲をもっている。
  9. グローバル化した現代社会において、様々な⼈と協働することができる。
  10. 技能・表現
  11. 必要な情報を幅広く収集し、的確に整理・分析することができる。
  12. グローバル化した現代社会において活躍できる、的確なコミュニケーション能⼒をもっている。

各コースの教育方針