2017年9月

愛媛大学「資料学」研究会 公開講演会のお知らせ

愛媛大学「資料学」研究会は、公開講演会を下記の要領にて開催致します。

 

愛媛大学「資料学」研究会 2017年度公開講演会
〇日時:2017年 10月21日(土) 13:00~17:00
〇会場:愛媛大学法文学部本館8階 大会議室

♦開会の挨拶 宇野 英満(愛媛大学理事・副学長:学術・環境担当)

♦講演
·兪 蕙(復旦大学文物・博物館学部)―中国語
 「中国伝統古陶瓷修復技術研究」
  通訳:呂 静(復旦大学文物・博物館学部)

·中川 未来(愛媛大学法文学部)
 「地方文書からみる瀬戸内塩業者の直輸出
  構想とアジア主義―1870〜90年代を中心に―」

·高津 秀之(東京経済大学経済学部)
 「版画が語る宗教改革」

·遠藤 隆俊(高知大学教育学部)
 「明清族譜の資料的価値
  -宋元家族宗族史研究の立場から-」

♦閉会の挨拶 加藤 好文(愛媛大学法文学部長)

主催 愛媛大学「資料学」研究会
共催 愛媛大学人文学会

*参加無料(事前の予約は必要ありません)
*駐車スペースがありませんので、公共交通機関をご利用下さい

問い合わせ先 〒790-8577
松山市文京町3番 愛媛大学法文学部
高橋 弘臣(℡089-927-9327)

法文学部附属四国遍路・世界の巡礼センター公開講演会・研究集会のお知らせ【10月28日・29日】

法文学部附属四国遍路・世界の巡礼研究センター公開講演会・研究集会

○公開講演会
日時:10月28日(土) 13:00~16:30
場所:愛媛大学グリーンホール

「中世の四国辺路と修験道・山伏ー四国遍路形成史をめぐる一視点ー」
  長谷川賢二(徳島県立博物館人文課長)

コメント
守田逸人(香川大学准教授)
川岡勉(愛媛大学教授)

○研究集会
日時:10月29日(日) 9:30~16:00
場所:愛媛大学グリーンホール

「愛媛の道標石から見た四国遍路」
  今村賢司(愛媛県歴史文化博物館専門学芸員)
「近世後期の地域文化と四国遍路ー阿波半田商人を事例に」
  西聡子(市原市教育委員会学芸員)
「中国・泰山巡礼をめぐって」
  高橋弘臣(愛媛大学教授)
「古代ギリシアの「巡礼」ーエレウシスの秘儀入信を中心に」
  齋藤貴弘(愛媛大学准教授)

※入場無料(事前予約はいりません)
※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。