法文学部就職支援委員会主催セミナー「リクナビ&マイナビコラボ企画 インターンシップ選考対策講座」を開催しました【5月8日(水)】

 2024年5月8日(水)、株式会社リクルートより矢野碧衣氏、株式会社マイナビより今村翔太氏を講師としてお迎えし、学部3年生以上・大学院修士課程1年生以上を対象に、法文学部就職支援委員会主催セミナー「リクナビ&マイナビコラボ企画 インターンシップ選考対策講座」を開催しました。セミナーには、学部生91人が参加しました。

 現在の就職活動では、多くの学生がインターンシップに参加するようになっています。人気の企業では、インターンシップの参加に選考があります。インターンシップで選考がない企業も、就職活動では、さまざまな選考があります。今回、このような選考をクリアするために、とくにエントリーシート・面接の対策についてのセミナーを開催しました。

 セミナーの前半では、リクルートの矢野氏より、エントリーシート対策について、お話いただきました。読み手(企業担当者)を意識して書くこと、エピソード(経験)を具体的に、かつ経験を書くだけでなく経験から学んだことを書くことなど、伝わるエントリーシートの書き方について知ることができました。
 後半では、マイナビの今村氏より、面接対策について、お話いただきました。面接にも、グループディスカッション、集団面接、個人面接など複数種類があり、それぞれチェックポイントが違うこと、面接では、一方的に話すのではなく面接官といかにコミュニケーションをとれるかが重要であることなど、面接での留意点・コツを知ることができました。

 

愛媛大学人文学会 公開講演会を開催します(5月25日)

愛媛大学人文学会公開講演会を下記の通り開催いたします。
みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

 
日時 :2024年5月25日(土) 14:00~16:30
場所 :愛媛大学法文学部大会議室(法文学部本館8階)

テーマ「哲学者と戦争―京都学派の場合」

講演1:太田裕信(愛媛大学法文学部准教授)
「再考・西田幾多郎の政治哲学―その意義と難点―」

講演2:竹花洋佑(福岡大学人文学部准教授)
「田辺元と戦争-「戦後」に対峙した哲学者の軌跡-」

参加費:無料(事前の申込みは不要です)
備考:大学構内の駐車場は利用できません。公共交通機関をご利用下さい。

講演会ポスター(PDF)

法文学部就職支援委員会主催セミナー「就活スタートアップ 業界研究講座 ~知識を拡げる・深めるコツ~」を開催しました【4月24日(水)】

 2024年4月24日(水)、株式会社リクルートより西田寿子氏を講師としてお迎えし、学部3年生以上・大学院修士課程1年生以上を対象に、法文学部就職支援委員会主催セミナー「就活スタートアップ 業界研究講座 ~知識を拡げる・深めるコツ~」を開催しました。セミナーには、学部生・大学院生併せて104人が参加しました。

 就職活動において、自己分析・業界研究は欠かすことができません。自分らしく働いていくためには、業界の特徴や仕事の内容を知り、自分の考えとマッチしているかを確認することが重要です。西田氏には、業界研究をする上で、どのような視点で取り組めばよいかなど、業界研究を行うコツについて、お話いただきました。
 セミナーでは、複数のワークを行いながら業界研究のコツを教えていただきました。知っている企業名をできるだけ多くピックアップするというワークでは、短時間に10社以上の企業名をピックアップすることができた人もいました。夏のインターンシップの応募に向けて業界研究の重要性を知るとともに、業界研究の進め方・ポイントを知ることができる機会となりました。

法文学部就職支援委員会主催セミナー「インターンシップに関する説明&自己分析について」を開催しました【4月17日(水)】

 2024年4月17日(水)、株式会社マイナビの今村翔太氏を講師としてお迎えし、学部3年生以上・大学院修士課程1年生以上を対象に、法文学部就職支援委員会主催「インターンシップに関する説明&自己分析について」を開催しました。セミナーには、学部生・大学院生併せて116人が参加しました。

 現在、インターンシップは、就職活動本番前の前哨戦ともいえる重要な機会となっています。大学3年生・大学院1年生の学年から、「インターンシップ」の定義が変わります。8割以上の学生が参加するという夏のインターンシップに向けて、インターンシップをはじめとした就職活動に関する基礎的な知識や、インターンシップの参加に必要な準備について、株式会社マイナビの今村翔太氏にお話いただきました。
 セミナーでは、インターンシップ先を探す上で必要となる自己分析として、適性診断ツール「MATCH plus」を受検し、適した業界や職業など自己の特徴を確認しました。診断結果では、思ってもみない業界や職種が表示された人もいました。自己の特徴や適性について知る機会となったようです。

 法文学部就職支援委員会では、今後も、学部生・大学院生の就職支援を行ってまいります。

(ご案内)日弁連 貧困問題全国キャラバン 「すべての人が人間らしく豊かに生活するためにin愛媛」開催について

日弁連 貧困問題全国キャラバン
「すべての人が人間らしく豊かに生活するためにin愛媛」開催について(ご案内)

日弁連 貧困問題全国キャラバン「すべての人が人間らしく豊かに生活するためにin愛媛」を下記のとおり開催します。このシンポジウムは、近年、貧困および経済的格差が大きな社会問題となっているなか、憲法25条(生存権)に関する司法判断や学説がどのように変化してきているかを、憲法学の木村草太教授(東京都立大学)にご講演いただきます。

また、愛媛での低所得や経済的格差につき、当事者から実情をお話しいただき、現代的課題を参加者の皆さんと考えていきます。この企画は「日弁連貧困問題全国キャラバン」の一環として行われるものであり、日弁連と愛媛弁護士会が主催し、愛媛大学法文学部が共催して実施されるものです。多数のご参加をお待ちしております。

【日 時】 令和5年(2023年)12月10日(日)13:00-16:00

【場 所】 愛媛大学南加記念ホール

【対 象】 どなたでもご参加いただけます。

【定 員】 150人(事前申込み不要)

【参加費】 無料

【主 催】 日本弁護士連合会、愛媛弁護士会

【共 催】 愛媛大学法文学部

日弁連 貧困問題全国キャラバン「すべての人が人間らしく豊かに生活するためにin愛媛」チラシ(PDFファイル 139KB)

【内 容】

■基調講演
題名「憲法25条の現代的展開―生活保護基準引下げ訴訟を例に」
講師 東京都立大学法学部 木村草太教授
■現地報告
愛媛の現状、いのちのとりで裁判の状況、日弁連貧困問題対策本部委員からの報告

【問合せ先】
・愛媛弁護士会事務局
TEL:089-941-6279
・学内問合せ先 法文学部 鈴木靜
TEL:089-927-9254
E-mail suzuki.shizuka.me@ehime-u.ac.jp

【参加者募集】日本交通学会2023年度第82回研究報告会 統一論題シンポジウム「ポストコロナ社会における交通グリーン戦略」

日本交通学会主催のシンポジウムについて、ご案内申し上げます。
このシンポジウムでは、「ポストコロナ社会における交通グリーン戦略」を主題として、特にカーボンニュートラルに向けた交通業界の取組とその今後の方向性について議論します。成田国際空港株式会社社長の田村明比古氏をはじめとする多彩な講演者が登壇し、パネルディスカッションを行います。
2023年、観測史上最も暑い夏と言われた年にふさわしい重要なテーマを一緒に考えませんか?
ぜひお気軽にご来場いただき、貴重な議論にご参加いただければと思います。皆様のご来場を心より歓迎いたします。

日時:2023年10月7日(土)12:30~15:10(受付開始は11:30から)
会場:南加記念ホール(愛媛大学城北キャンパス)
参加費:無料
申込:以下のフォームよりお申し込みください。締切は9月25日(月)正午です。先着50人とさせていただきます。
申し込みフォームはこちら
主催:日本交通学会(日本交通学会ホームページ
基調講演:田村 明比古 氏 (成田国際空港株式会社 代表取締役社長)
パネルディスカッション
<パネリスト>(50音順)
田村 明比古 氏 (成田国際空港株式会社 代表取締役社長)
三重野 真代 氏 (東京大学公共政策大学院 特任准教授)
味水 佑毅 氏 (流通経済大学 教授)
三好 千景 氏 (Cranfield University, Reader、 広島大学 特任教授)
森本 清二郎 氏 (日本海事センター 主任研究員)
<コーディネーター>
福井 秀樹 氏 (愛媛大学 教授)

趣旨概要
新型コロナウイルス感染症はあらゆる産業に大きな影響を及ぼしました。交通業界も例外ではありません。
この影響からの回復を模索する中で、交通業界にとってさらに重要な課題が浮上しています。それは、温室効果ガスの排出を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」の目標です。日本政府は2050年までにカーボンニュートラルを実現することを国際的な公約として掲げています。
このカーボンニュートラルの課題は、四国という地域社会に住む私たちにとっても無視できないものです。四国地域では鉄道で移動できる範囲に限りがあることから、遠距離の移動には航空機、中近距離の移動には自家用車が頻繁に使われています。しかし、これらの交通手段は輸送量あたりの二酸化炭素排出量が高く、環境に対する影響が大きいのが現実です。
では、交通部門における温室効果ガスの排出を減らすために、どのような取組が望ましいのでしょうか? 一緒に考えてみませんか? 地域社会として、より持続可能な交通手段やエネルギー源への移行を検討し、環境への負荷を減らす方法を共に模索することが、私たちの未来に向けた重要なステップとなります。

詳細は以下の大会プログラムよりご確認ください。
日本交通学会2023年度第82回研究報告会プログラム(PDF 1,393KB)

参考Webサイト
国土交通省 運輸部門における二酸化炭素排出量(令和5年5月17日更新)

お問い合わせは、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学法文学部・教授
福井秀樹
Email: fukui.hideki.hz@ehime-u.ac.jp

オープンキャンパス2023を開催しました

2023年8月9日(水)・10日(木)の2日間、オープンキャンパスを開催しました。

両日とも非常に暑い日となりましたが、例年よりも多くの高校生の皆さん、保護者の皆さんにご参加いただきました。ありがとうございました。

8月9日(水)

10:30〜 法文学部説明会、学生生活の紹介(グリーンホール他2教室)
12:30〜

13:20
法文学部模擬授業
①英語が魅せてくれるもの。~大学、この新しき世界~

②経済学の基礎と国家の役割

③国際政治の基礎 ―無政府状態とロシア・ウクライナ戦争―

④認識するって何だろう?
13:30〜

15:00
研究室・資料室めぐり(合計10教室)
11:15〜

14:00〜
自由参加型プログラム(法文学部説明会・在学生による大学生活紹介)
13:30〜

15:00
グローバル・スタディーズ・コース展示室/法文学部留学フェア
在学生&教員と語るチャンス!なんでも相談室&休憩室

8月10日(木)

11:15〜

14:00〜
自由参加型プログラム(法文学部説明会・在学生による大学生活紹介)
10:00〜
15:00
グローバル・スタディーズ・コース展示室/法文学部留学フェア
なんでも相談室&休憩室

 

令和5年度愛媛大学法文学部後援会総会の結果について(報告)

 7月1日(土)に開催いたしました総会において、すべての議題が可決されましたことをご報告申し上げます。
 なお、資料につきましては、以下よりご確認ください。

令和5年度後援会総会資料 ※郵送でご案内したパスワードの入力が必要です。

 

 


 

 

 

2023年8月9日(水)に法文学部オープンキャンパスを開催します。

2023年8月9日(水)に法文学部オープンキャンパスを開催します。ぜひご参加ください!
「事前申込が必要なプログラム」と「自由参加プログラム(8月10日も実施)」があります。詳細は以下のHPを確認してください。

「2023年 オープンキャンパス」