法文学部では、一般市民向けの講座として、愛媛大学公開講座「世界の都市と地域」を開講しています。2012年度まで10回にわたって開設した公開講座「世界の都市」を継承して、2013年度より「世界の都市と地域」を開設しています。講座では、世界の各都市・地域をより包括的な視点から紹介することを目指しています。世界の各都市・地域に生きる人々の歴史・文化をわかりやすく講義し、グローバル化時代にあって、日本・日本人および日本文化を相対的に見る機会を提供して異文化理解に役立つことを願っています。

2018年度 開講講座(共通講義棟B(旧法文学部講義棟) 202教室)

日時 講師 内容
7月14日(土)
13:00~16:00
中筋 朋 19世紀フランス労働者たちの楽しみ-パリの劇場通りをめぐって
松永 悦枝 韓国・大邱の歴史と文化財-日本統治と文化財・文化遺産の今-
7月21日(土)
13:00~16:00
太田 響子 オリンピックの危機管理から見える大都市ロンドン
嶋村 鉄也 インドネシア熱帯低湿地の自然景観と環境問題
7月28日(土)
13:00~16:00
山本 與志隆 空中電車と芸術の街 ドイツ・ヴッパータール
村上 和弘 国境の城下町-対馬・厳原と日韓交流

2017年度 開講講座(共通講義棟B(旧法文学部講義棟) 202教室)

日時 講師 内容
7月15日(土)
13:00~16:00
三上 了 ウガンダの歴史と社会
諸田 龍美 空海・白楽天の時空-唐朝と平安朝の交響-
7月22日(土)
13:00~16:00
吉田 正広 リヴァプール-サッカーと地域アイデンティティ-
菅谷 成子 台北と台南-近世の台湾、海域アジア史の舞台-
7月29日(土)
13:00~16:00
兒玉 麻美 記憶とモニュメント-第二次世界大戦とドイツ諸都市-
近廣 昌志 ドイツからアメリカ、そして日本に渡ったピアノ造り