は行

羽月 章准教授

はつき あきら / HATSUKI Akira

, ,

専門分野:民法

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 民法の中の「家族法」は,親族法と相続法から構成されますが,その範囲は多岐にわたります。その概要については,これまで私のゼミの学生が選択した卒業研究のテーマをいくつかとり上げて紹介することにしましょう。
 例えば,「夫婦別姓問題」「女性の再婚禁止期間」「代理母問題」「悪魔ちゃん命名事件」「離婚と面会交流権」「養育費について」「児童虐待と親権喪失」など・・・,ゼミでは家族法全般にわたる問題をとり上げてきました。またゼミ生の希望を聞いて「懇親会」も行っていて,学年を問わず相互の交流をはかっています。私の研究テーマは「子どもの権利」についてですが,このテーマは実に様々な分野にわたります。最近は,訴訟における「子どもの代理人」制度について米国のNY州の例を参考に,「外国書講読」でもこのテーマをとり上げて,文献を輪読,解説しています。同じく,我が国における問題の1つとしては,学生の奨学金(返済)問題を「家族政策」並びに「法学特講Ⅱ(消費生活講座/愛媛県と愛媛大学の連携講座)」でもとり上げ,解説しました。
 ほかに愛媛大学サークル「スポーツ愛好会」の顧問や,チャリティーあるいはボランティア活動として,音楽ライブ活動も行っています。2015年は「宇和島伊達藩400年祭」のイベントでのライブや,愛媛大学アカペラサークルの学生と教員(法文)らによるライブ共演を行い,また初めて私のオリジナル曲のCDを制作し,好評をいただきました。機会があれば,皆さんもご視聴,ご参加ください。

早田 美保助教

はやた みほ / HAYATA Miho

専門分野:専門共通英語

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 英作文の提出レポートを見ていて、書いてあることと同じくらい消した語や表現に注目しています。なぜ使わなかったのか?使い方に自信がなかったのではありませんか。ではなぜ、そう言えるのか。私にもそういうことがあるからです。
 「どうしたら英語ができるようになりますか?」教室でも学外でも、数えきれないくらい聞かれてきました。そのたびに、苦手意識を少しでも減らすことと答えてきました。たいがいあまり納得のいかない顔をされてしまうのですが。
 これまでの英語学習や受験英語は無駄ではありません。ただ、英語に対する意識が高校までのもので止まってしまっているとしたら、もったいないことです。字幕にない部分を聞いてわかった喜び、気になる有名人のSNSを読む面白さ、伝えたいことが伝わる嬉しさ、資格試験の結果で得る達成感など、知れば知るほど楽しさは増えていきます。外国語を学ぶことは、それだけですでに異文化を知る貴重な機会です。
 大学の英語、という特殊なものはありません。しかし、これまで学んだ英語のよりよい使い方、勉強の続け方は大学でこそ学べるものだと信じています。ほんの少し立ち止まって考え、調べてみましょう。自信のない単語や表現から苦手意識が生まれます。そして、英語に関することならどんな小さなことでも尋ねてください。専門分野に向かう時に英語で欲しい情報を調べて楽しめるよう、お手伝いしたいと思っています。苦手意識を少しずつ減らして、新たな英語学習の扉を開ける勇気を手に入れましょう。たくさんの科目を用意して、私はみなさんを待っています。

Piotr Rosne助教

ピオトル ロズネ / Piotr Rosne

専門分野:専門共通英語

メッセージを見る

教員からのメッセージ
Four years at a university may seem like a long time to you, but it isn’t. If possible, I would like you to decide relatively early what you wish to study here and then focus all your energy on that choice. Many students who come here seem lost: they’re not sure where their interests lie, who or what they like, what they would like to be or do in the future. If your reason seems ambivalent follow your instinct. Think about the things you like to do in your free time, for example, books you like to read, movies you like to watch or music you like to listen to. Draw a conclusion from those preferences and it should be easier for you to determine your future. In my case, this realization occurred to me relatively early in my life. In elementary school I knew I preferred humanities to science, and in high school I was attracted to literature, in particular Austrian literature of the fin de siècle period. And Greek philosophy, mainly the Cynics. And music, art, and many other related things. I had tried my hand at various things, but in the end I realized that language is perhaps the medium that, realistically speaking, can give me the greatest satisfaction. My road to being a teacher here has been twisted and sometimes arduous, but I have seldom regretted this choice. Satisfaction from what one is doing is perhaps the greatest reward one can wish for from one’s occupation. Money, as important as it may seem, cannot really come close to the feeling of self-fulfilment one can gain from a deeply satisfying job. So, I would like you to ruminate on it for a while and to choose wisely because this decision will affect the rest of your life.

樋口 康一客員教授

ひぐち こういち / HIGUCHI Koichi

,

専門分野:言語学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 ●やさしいことをやさしいことばで語るのは,小学生
 ●むつかしいことをむつかしいことばで語るのは,生意気盛りの大学院生
 ●やさしいことをむずかしいことばで語るのは,政治家か官僚
 ●むつかしいことをやさしいことばで語るのが,ほんものの大学の先生

 いちばん下を心がけてこの大学で教えてきました。板につかないうちに老齢の域に。心機一転,第4コーナー回って,もうひと鞭の心意気ですが,どうも空回りに終わりそうですね。私が研究してきたのは,モンゴル語と周辺諸言語の接触に関する文献学的研究・・・学部レベルで話しても誰もわかりません。「おっちゃん,さっき言うてたこととちゃうやんか!」という声が聞こえてきそうですが,ご容赦を。だいいち,私のもとでそんなことを勉強しようという酔狂なひとは,今までもいなかったし,これからもいないでしょう。「じゃあ,何を教えてるの?」と問われたら,ことばを学問として扱うその第一歩,言語学という建物の玄関口にたどりつくバスに乗る停留所を・・。「それ,どこかで読んだ・・」そうです,『シラバス』に似たようなことが。「さっきから,『むつかしい』ばかり使ってるけど,『むずかしい』の間違いだろ?」と考えたそこのちょっと生意気なあなた,もう既にバスに乗ってますよ。「もっと具体的に!」と,叱りたい方はぜひ私の授業に。あっと驚くことばかりが体験できるかも・・。そこに出現するのは90分間だけの私の帝国です (^Д^)。

福井 秀樹教授

ふくい ひでき / FUKUI Hideki

,

専門分野:政治システム論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
公共政策論と政治システム論を担当しています。専門は政策分析で、航空に関わる政策の分析を中心に行っています。その関連で、2015 (平成27)年4月から2017(平成29)年3月まで、国土交通省航空局に政策調査室長として出向し、実務の世界に身を置いてきました。航空局では、政・官・民の一筋縄ではいかない複雑な関係や、理論・学術的分析と現実との難しい関係を文字通り肌で学ばせて頂きました。こうした経験を今後、研究・教育に活かし、社会に還元できたらと思っています。 政治および公共政策は、価値や資源の権威的配分に関わる活動です。公共政策論と政治システム論を学ぶこと、そして政策分析を行うことは、このような活動の裏側を探検することに他なりません。一見するともっともらしく思われる様々な政治的決定や政策の「裏側」で、 どのような利害やインセンティブが働いて、どのような結果がもたらされてきたのか。あなたも一緒に「探検」してみませんか。

藤江 啓子教授

ふじえ けいこ / FUJIE Keiko

,

専門分野:英米事情研究

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 超大国アメリカの事情,文化を学びます。アメリカを勉強すると世界が見えることがよくあります。なぜならアメリカはある意味で世界が集約されたところであり,世界が抱える問題を自国内に抱えているからです。また,アメリカは世界を相手に外交をし,世界のリーダーを自称しています。原住民,女性,アフリカ系アメリカ人,移民,貧困,宗教,教育,環境破壊等,様々な人々が様々な問題を抱えて生きているのがアメリカといえます。アメリカを勉強することによって,アメリカを知り,また,世界を知ることができます。さらに,日本の問題,人間の生き方,社会のあり方などにフィードバックし,私たち自身の問題として考えていきたいと思います。教員の専門は文学です。人間を深く知るには文学が一番かもしれません。英語の学習も併せて行います。英語は今やイギリスやアメリカの言葉というよりは,国際語です。有用なコミュニケーションの手段であり,かつ,人生の幅を広げてくれます。

不破 茂准教授

ふわ しげる / FUWA Shigeru

, ,

専門分野:国際私法

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 あらゆる国・地域を巻き込んでますますグロ―バル化の一途を辿っているこの地球にあって,わが国もこれを免れません。
 海外旅行や海外出張を行う内外の観光客やビジネスマンの往来が増え,わが国に移住する外国人も増加しつつあります。衣料品から携帯電話まで皆さんの使っている多くの製品が外国製でしょう?最近では牛丼屋さん,スーパーマーケット,宅急便など,身近な企業の外国進出も目立っています。大企業から中小企業まで日本企業の生き残りのためには外国進出が必須です。また,外国企業の投資を呼び込むこともわが国の国家戦略の一つです。
 私の科目は,このようにヒト,モノ,カネが国境を越える場合の法律問題を扱います(http://www.geocities.jp/gnmdp323/参照)。多くの人命を奪った第二次世界大戦,二度とそのような戦禍を招かないために,戦後の国際社会の経済体制を構築したのがGATT・IMFの体制でした。現在の国政経済社会の戦争は武力を用いた戦争ではなく,官僚や企業戦士が法の力をもって対決する。国際経済法では,そんな貿易戦争の様相を学びます。
 外国人である隣人と暮らし,共に「祭り」に参加する。そんな社会でなければこれからの日本は成り立ちません。異邦の中にあって生きる人の心情を理解し,多様性に寛容である精神を是非養って下さい。それこそがこれらの科目を学ぶ究極の目的であり,内なる国際化を成し遂げるために必要不可欠なのです。