MENU

投稿者: 更新担当者

【ご案内】令和元年度 西条市「子ども安全管理士」講座を開講します

【ご案内】令和元年度 西条市「子ども安全管理士」講座を開講します

 この度、令和元年度西条市「子ども安全管理士」講座を以下の日程・内容で開講します。

本講座は、保育園や幼稚園、学校等で子どもの保育や教育にかかわる職員・関係者の方、一般の保護者・地域住民の方を対象に、子どもの安全と事故の未然防止に関する基本的な考え方や基礎的な知識の啓発・普及を目的に開講するものです。

本講座は、愛媛大学と西条市との地域連携事業として令和2年度以降、子どもの安全・事故防止にかかわる多方面の専門家を講師に招き、毎年継続的に開講することを予定しています。本講座と西条市「子ども安全セミナー」を合わせて2年間継続して受講した受講者には、西条市長より「西条市子ども安全管理士」の認定を行う予定です。

保育・教育現場(保育園、幼稚園、学校等)の職員・関係者のみなさま、子どもの安全に関心を持つ一般のみなさまの受講をお待ちしています。

日 時:令和2年1月13日(月)10時~16時(9時30分受付開始)

場 所:西条市地域創生センター3階大研修室(愛媛県西条市ひうち1番地16)

主 催:愛媛大学法文学部

共 催:西条市

後 援:愛媛大学社会連携推進機構/愛媛大学地域協働センター西条、 一般社団法人吉川慎之介記念基金、NPO法人Love & Safety おおむら、 任意団体Love & Safety さいじょう

内容&スケジュール

講義内容 講義担当者(所属)
①法律が定める子どもの安全 小佐井 良太(愛媛大学法文学部教授)
②地域で考える子どもの安全: そのための視点と方法 松原 英世(愛媛大学法文学部教授)
昼食・休憩(1時間)
③重大事故のリスクと保育・教育活動: 事故予防の理解 出口 貴美子(出口小児科医院院長/Love & Safety おおむら理事長)
④受講者によるグループワーク: 質疑応答&受講内容の振り返り 小佐井良太、松原英世、出口貴美子、 吉川 優子(吉川慎之介記念基金)

定 員:80名

事前の申込が必要です(先着順で定員に達した時点で締切ります)。 受講を希望される方は、令和2年1月8日(水)までに、メールまたはFAXにて「住所・氏名・職業・連絡先(メールアドレス、電話番号)」を明記の上、下記申込先までお申込下さい。

受講料:無 料

【申込先/問い合わせ先】 愛媛大学地域協働センター西条(担当者:石田)

TEL:0897-47-8478 FAX:0897-53-2082 メール:saijo@stu.ehime-u.ac.jp

 

講演会ポスター(PDF)

「大学院(2月入試)研究科生募集!新しい「人文社会科学研究科」がスタートします!

令和2年(2020)4月から、大学院「人文社会科学研究科」がスタートします。
研究科には2専攻があります。「法文学専攻」では、法学・政治学や人文学分野の教育研究を行い、「産業システム創成専攻」では、経済・経営や環境・資源のマネジメントに関する教育研究を行います。

2月には下記の日程で入試(二次募集)が予定されています。社会人や留学生も受験可能です。各位の出願をお待ちしています。

入試日程 二次募集
試験日:2020年2月11日(火)
出願期間:2020年1月6日(月)~1月10日(金)必着

 

研究科の詳細や連絡先等については、下記のリンク先をご覧ください。

研究科詳細・連絡先等(PDF)

愛媛大学「資料学」研究会 2019年度公開講演会のお知らせ

愛媛大学「資料学」研究会 2019年度公開講演会のお知らせ

                        愛媛大学「資料学」研究会代表
                        愛媛大学法文学部 高橋弘臣

2019年度の愛媛大学「資料学」研究会の公開講演会を下記の通り
開催いたします。お忙しい折とは存じますが、ご参加いただけまし
たら幸いでございます。何とぞよろしくお願い申し上げます。

              記

日時    2019年11月2日(土) 13:00~17:00
会場    愛媛大学総合情報メディアセンターメディアホール

 

開会の挨拶 村上 和弘(国際連携推進機構 国際教育支援センター長)
      吉田 正広(愛媛大学法文学部長)

【講演】
鄭 建明(復旦大学文物・博物館学部)
「原始磁器(灰釉陶器)の起源と太湖地域の社会複雑化過程 」

中川 未来(愛媛大学法文学部)
「日本近代史研究と新聞資料-無署名論説の筆者同定をめぐって-」

山根 直生(福岡大学人文学部)
「五代宋初、定州開元寺資史料の可能性」

割田 聖史(青山学院大学文学部)
「20世紀初頭のドイツ領ポーランドの民間説話-オットー・クノープの著作から-」

 

主催 愛媛大学「資料学」研究会
共催 愛媛大学人文学会

問い合わせ先 〒790-8577
松山市文京町3番 愛媛大学法文学部
高橋 弘臣(℡ 089-927-9327)

講演会ポスター(PDF)

令和2年度人文社会科学研究科(修士課程)学生募集要項を発表しました

裁判員制度10周年記念イベント「裁判員経験者と考える 裁判員制度10年の歩みと今後の展望」(10月6日(日))

裁判員制度は,令和元年5月21日に制度施行10周年を迎えました。
この大きな節目において,愛媛大学法文学部では松山地方裁判所の協力を得て,公開型のイベントを開催することとしました。
みなさまのお越しをお待ち申し上げます。

日時
2019年10月6日(日) 13:00~16:30
場所
愛媛大学南加記念ホール

パネルディスカッション

テーマ
「裁判員経験者と考える 裁判員制度10年の歩みと今後の展望」

第1部
○ 裁判員制度の説明
○ 裁判員裁判の松山における運用状況,
制度の課題等
○ 『刑はどうやって決めるの?』
~量刑の考え方について~
第2部(パネルディスカッション)
○ 裁判員経験者を交えたパネリスト(大学教授,裁判官,検察官,弁護士)による意見交換

主催:愛媛大学法文学部 後援:松山地方裁判所
裁判員制度10周年記念イベント パネルディスカッション
【お問合せ先】 (平日の午前9時から午後5時まで)
愛媛大学法文学部事務課総務チーム(電話089-927-9203)
(事前のお申し込みは不要です。当日先着順に整理券をお配りします。)

講演会ポスター(PDF)