令和元年度 愛媛大学公開講座 世界の都市と地域(7)

平成24年度までの公開講座「世界の都市」を継承して平成25年度より開設した「世界の都市と地域」の第7弾です。今年度は、愛媛大学開学70周年記念行事の一環としても開催します。世界の各都市・地域をより包括的な視点から紹介することを目指します。世界の各都市・地域に生きる人々の歴史・文化をわかりやすく講義し、グローバル化時代にあって、日本・日本人および日本文化を相対的に見る機会を提供して異文化理解に役立つことを願っています。

日時・場所・講座内容

7月13日(土)13:00~16:00
愛媛大学城北キャンパス 共通講義棟B(旧法文学部講義棟)202教室,演習室1

中川 未来 『多民族社会と植民地の記憶—台湾・花蓮—』
石坂 晋哉 『インパール—戦争の記憶を越えて』

7月20日(土)13:00~16:00
愛媛大学城北キャンパス 共通講義棟B(旧法文学部講義棟)202教室,演習室1

菅谷 成子 『フィリピン・リサール州アンゴノ —「芸術の都」としての町づくり—』
兼子  純 『韓国地方都市の商業空間に見る時空間ダイナミズム』


7月27日(土)13:00~16:00
愛媛大学城北キャンパス 共通講義棟B(旧法文学部講義棟)202教室,演習室1

菅原 健志 『北アイルランド・ベルファストから見るイギリスとBrexit』
山川  廣司 『トルコの古都イズニクIznik(ニケーアNicaea)』

チラシはこちら(PDFファイル 383KB)

対象者

市民一般

講習料

3,000円

募集人数

20人

申込方法

図書館1階の教育支援課法文学部チームに直接または電話・メールにて照会して関係書類を受領してください(郵送による受領も可)。講習料は、原則として郵便局での払込になります。詳細は、法文学部チームにご照会ください。また、お渡しする書類をご覧ください。

申込期間

郵送の場合:7月9日(火)必着(直接持参の場合:7月10日(水)午前中)

申込および講座についての問合せ先

〒790-8577 松山市文京町3番
愛媛大学教育学生支援部教育支援課法文学部チーム(担当:魚部)
電話:089-927-9220(ダイヤルイン)
FAX:089-927-9267
メール:llgakumu@stu.ehime-u.ac.jp

愛媛大学人文学会 公開講演会を開催します(5月11日)

愛媛大学人文学会 公開講演会を開催します

■日時■ 2019年5月11日(土) 14:00~16:30
■場所■ 愛媛大学法文学部大会議室(法文学部本館8階)

公開講演会 「愛媛の防災―平成30年7月豪雨を巡って」

講演1:川瀬 久美子(愛媛大学教育学部准教授)
「平成30年7月豪雨による肱川下流域の浸水被害と河川管理の課題」

講演2:石黒 聡士( 愛媛大学法文学部講師)
「平成30年7月豪雨による愛媛県内の土砂災害」

 

■参加費■無料(事前の申込みは不要です)
■主催■ 愛媛大学人文学会

■問い合わせ先■
〒790-8577
松山市道後樋又10-13 愛媛大学埋蔵文化財調査室
三吉 秀充(アドレス:miyoshi.hidemitsu.my@ehime-u.ac.jp

講演会ポスター(PDF)

2018年度人文科学専攻修士課程 研究成果発表会(3月6日)を開催します

日時
2019年3月6日(水)9:30~12:00(受付9:15~)
場所
愛媛大学法文学部本館8階 大会議室
発表者
2018年度人文科学専攻修士課 修了予定者
発表時間
1人発表15分 質疑応答5分 (口頭発表)

成果発表会ポスター(PDF)

成果発表会プログラム(PDF)

 

第29回 愛媛大学法文学部国語国文学会 研究発表および講演のお知らせ

<研究発表および講演のお知らせ>

☆日時:平成31年2月23日(土)13時40分より
☆場所:法文学部本館8階・大会議室

〔研究発表〕
13:40-14:10 『平家物語』における和歌の利用とその機能
           ――「歌人」忠度の誕生――   人文学科4回生 土本怜奈 さん

14:10-14:40 『神皇正統記』と『太平記』に見る三種の神器観
        ――徳が保証する皇位の正統性――   人文学科4回生 藤木理沙 さん

14:50-15:20 『死霊解脱物語聞書』考         人文学科4回生 高田彩花 さん

15:20-15:50 江戸川乱歩論――夢と現実――      人文学科4回生 平田 航 さん

〔講 演〕
16:00-17:00  古典は本当に必要なのか―番外編― 日本女子大学教授 福田安典 先生

【主催】愛媛大学法文学部国語国文学会
【問合先】電話 089-927-9319〔係員は常駐しておりません 御注意ください〕