か行

神楽岡 幼子教授

かぐらおか ようこ / KAGURAOKA Yoko

,

専門分野:日本文学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 400年以前に歌舞伎の歴史が始まります。記録映画もビデオも存在しない時代ですから,その時代の舞台を今日,目にすることはもちろん不可能です。けれども,記録映画やビデオがなくとも,実は江戸時代の歌舞伎を知る方法は豊富にあります。江戸時代の上演記録や脚本,ちらし・パンフレットなどの宣伝物,現在の劇評に通じる評判記,ブロマイドに相当する役者絵,あるいは現在,テレビや映画が小説化されるように,歌舞伎を素材にした小説もあるのです。それらの材料をかき集めれば,江戸時代の歌舞伎を体感することは夢ではないのです。そのための方法を身につけ,自分の力で江戸時代の劇場へのチケットを手にしてみませんか。そして江戸歌舞伎の世界を楽しんでみませんか。

梶原 克彦准教授

かじわら かつひこ / KAJIWARA Katsuhiko

,

専門分野:歴史政治学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 私は19世末からのオーストリアにおけるナショナリズムの問題を研究しています。現在のオーストリア人にとって「自明である」オーストリア人という意識は,第二次世界大戦後に「形成された」ものだといわれています。私は,このオーストリア人意識がどのようにして形成されたのか,その過程を考察しています。
 舞台となる中央ヨーロッパは典型的な多民族地域で,民族同士の対立が生じ,そのため二度の大戦の舞台ともなりましたが,それだけに,現在でも傾聴に値するような諸民族共生の理論が提示された地域でもあります。さながら「実験場」のような地域の民族問題を,歴史を遡及して考え,これを現代や他の地域の問題と比較検討できるのです。このことは,日本人意識のように「当たり前」のように感じているものを相対化し,「なぜそのような意識を持っているのか」と問いなおす手掛かりにもなるでしょう。
 現在は,従来の研究をさらに進め,第二次世界大戦後の国民意識形成へ向けた動きを追求する一方で,現代に関する問題関心から「人の移動」を研究しています。具体的には,19世紀末から現在に至る移民・外国人労働者の問題,そして第一次世界大戦における捕虜政策と大戦後の帰還問題を検討しています。これらを通じて「国民国家の時代」と呼ばれる20世紀を再考できればと考えています。
 私の専門分野は,政治学の一分野である歴史政治学(政治史)です。歴史を取り扱う分野ではありますが,現代的な関心を持つ人にもおすすめです。「歴史は一度きり」だとすれば過去のことをあれこれ調べても意味はないのかもしれません。しかし人間社会の仕組みを知ろうとするとき,なかなか「実験」ができないことを思えば,過去の事象を通して現在の事柄を考察する必要性も生まれてこようかと思います。政治学のなかに歴史を取り扱う科目がある理由もここにあり,だからこそ,現代の問題に関心がある人にもぜひ学んでほしいと思っています。

加藤 好文教授

かとう よしふみ / KATO Yoshifumi

,

専門分野:英米文化

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 アメリカ合衆国に関わるさまざまな文化情報は,書物だけでなく,テレビ・映画・インターネットなど,多様なメディアを通じて日本に居ながらにしてその多くを知ることができます。しかし,アメリカの国土は日本の約25倍というスケールであり,50州の総人口は3億人を越えており,しかも多人種多民族国家ゆえに,その歴史や文化も多様性を極めています。ニューヨークやシカゴ,ロサンゼルスといった大都市に注目が集まりがちですが,アメリカをできるだけ正確に理解するには,その地域性や多文化性を歴史的視点と合わせて,さまざまな角度から見ていく姿勢が欠かせません。
 私の研究テーマに共通する地域の一つであるカリフォルニア州は日本がすっぽり収まるほどの広さを有していて,全米第1位の州人口を誇り,アメリカ総人口のほぼ10分の1がこの一つの州に住んでいる計算になります。多民族国家の中のさらに多民族州の代表格といっても過言ではないでしょう。従って,アメリカ文化にアプローチする際には,「合衆国」と「合州国」の双方の視点を常に意識しておく必要があります。
 「百聞は一見にしかず」とも言われるように,フィールド・リサーチによって,アメリカを直接体験することをお勧めします。授業等での文献研究を踏まえ,実践として異文化に直接触れることで,さらに視野を広げ,多面的に考察する態度を養っていく努力も大切だと思います。
 いずれにしてもアメリカは,皆さんが興味関心を抱き,研究テーマに取り上げたくなる文化資源の宝庫です。共に,その探求の旅に出てみましょう。

兼子 純准教授

かねこ じゅん / KANEKO Jun

,

専門分野:地理学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 出身は愛知県豊田市で,これまで新潟県と茨城県つくば市に在住していました。それぞれ地域的な特徴や個性を持つ場所ですが,共通していたのは「自動車社会」であったということです。いわゆるモータリゼーションの進展によって,われわれ生活者は便利さを享受するとともに,活動の範囲を大幅に広げてきました。そのような生活者(消費者)に対して,チェーンストアと呼ばれる企業群は,消費者の身近な場所に店舗を展開し,大量仕入れやコストの削減によって低価格な商品を販売して,消費者の支持を集めて成長してきました。今まで大都市に行かなくては買うことができなかった衣料品や雑貨のブランドも,現在では全国各地に展開するショッピングセンターで手に入れることができます。そのような背景には,道路網整備による物流システムの発達や情報システムの高度化といった技術の進歩が欠かせません。
 以上では近年の買い物環境を巡る「善」の側面を強調してきましたが,「負」の側面はないのでしょうか。上記の店舗群は消費者の近くに店舗を立地しようとするあまり,「郊外型」「ロードサイド型」の商業集積地を新たに生み出してきました。衣料品チェーン,家電量販店,大型ショッピングセンター,食料品スーパーなどなど・・・。限られたパイ(人口数)の中で,新たな購買先が生まれれば,奪われる場所もあります。それが中心市街地の空洞化問題と呼ばれるものです。なぜ,中心市街地を活性化させなければならないのか?これは学問上での課題でもありますが,中心市街地はやはり「都市の顔」とも呼ぶことができる存在で,その都市の経済,社会,文化の基盤となるべき場所です。自分の出身地が没個性で他の都市と何ら違いがなければ,その土地に愛着を持てるでしょうか。私は愛媛という土地で,今後の都市がどのような存在であるべきなのか考えていきたいと思います。
 2008年の日経流通新聞(日経MJ)によれば,皆さんの世代の若者は「巣ごもり族」と呼ぶそうです。つまり,車離れ,酒離れが顕著で,インターネットや電子機器を活用して自宅での快適な生活を楽しみ,行動範囲を広くしない志向の世代だそうです。これは悪い側面ばかりを強調した話ではありません。若者の車離れは,環境問題への強い関心の現れであり,これからの都市社会は公共交通を活かしたコンパクトなまちづくりをしていかなくてはならないのですから。しかし,せっかく松山という土地で過ごすからには,一歩まちへ出かけて「見て」「聞いて」「話をして」見ませんか。地理学のアプローチは多様ですが,私はさまざまな土地で見て,聞いて,話をして,その地域の構造を把握することに努めています。さまざまな土地に出かけ,さまざまな人から話を聞き,たまにはお酒の力を借りながら語り合える,地理学はそんな魅力のある学問ですよ。ぜひ,一緒に地理学を学びましょう!

兼平 裕子教授

かねひら ひろこ / KANEHIRA Hiroko

, ,

専門分野:税法・行政法

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 学生のみなさんと同じ年齢の頃,大学で本当に勉強したかったのは法律ではなかったので,学部の勉強は可能な限り手抜きしていました。30年以上前の大学は,「ゆる~い」モラトリアム地区でしたので,それで何とかなりました。卒業して社会人になって,好きな英語に関わる仕事をしていたので,それはそれで満足していましたが,30代の頃,家人が転勤になりそれまでの仕事をやめたこと,そして,ある日の新聞記事で「私の退職金の使い方」を何気なく読んだことが,人生のターニングポイントになりました。平成元年頃の話です。それ以降,目の前にあること,自分にできることをやっていたら,主婦から大学教授になったのですから,人生どう転ぶかわかりません。人生訓として言えることは「壁を作らず,できることはやってみる」ことです。失敗したらそのときのことです。
 大学2年のとき,カタカナ書きの民法をみて,何一つ日本語の意味が分からなくて挫折した経験がありながら,いま教える立場になっているのは人生の不思議です。「法律は世の中のルール」に尽きます。社会経験のない20歳前後の学生さんに,世の中のルールがどれほど実感としてわかるのか,忸怩たるところはあります。しかし,将来の人生設計と結びつけ,法律学を選んだ限りは頑張ってください。現在の勉強は,卒業後は間違いなく,全てが役立ちます。
 税法も,環境法も,行政法も,実学です。座学の勉強ももちろん大切で,地道な努力なくして道は開けませんが,できる限り,学生さんに実社会と接する機会を作ってあげようと思っています。国際的には,国連気候変動締約国会議COPへのオブザーバー参加,ソウルのローファームでのインターンシップ,国内では,環境NPOでのインターンや顕著な先進事例となっている地方自治体への見学(大分・由布院,徳島・上勝町,香川・豊島等)もやっています。

木下 英文教授

きのした ひでふみ / KINOSHITA Hidefumi

,

専門分野:英語コミュニケーション論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 「英語コミュニケーション論」という名称からみなさんはどのような研究分野を想像するでしょうか。「コミュニケーション」という言葉自体,様々な分野で用いられていますので,甚だ漠然としたイメージしか持てないかも知れません。簡単に説明しておきましょう。
 私たちは言葉を交わす際,その伝達過程を意識することは日常生活上ほとんどありません。みなさんは,相手が自分の言葉をどのようにして理解するのかを疑問に思ったことはありませんか。英語コミュニケーション論の仕事の一つは,英語が伝達行為の中で見せる様々な「仕草」に規則立った説明を与えることです。たとえば,"Do you know where the steak is?"というYes/Noを求める疑問文に対して,一見すると意味的に全く関連性の無いように思われる"Your dog looked happy"という返事が自然に感じられるのはなぜでしょう。また,"Could you open the door?"よりも"I wonder if you could open the door"の方が丁寧なのはどうしてなのか。他にも,場面の性格や話題・目的などによって英語の表現形態は影響されます。このような伝達行為のストラテジーに光を当ててみると意外な発見があるものです。一方,英語の姿から伝達行為の背景にある社会的要因に目を向けることも可能です。英語にも男言葉や女言葉がありますし,社会階層や民族などの要素が言語の中に反映される例も数多くあります。このように生きた言語としての英語は実に様々な表情を見せてくれます。そこにはまさに現実社会が反映されているのです。私の授業では,以上のような点についてみなさんと一緒に考えてみようと思っています。

幸泉 満夫准教授

こいずみ みつお / KOIZUMI Mitsuo

,

専門分野:考古学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 私は,文系では法文学部でのみ取得可能な国家資格「学芸員資格」の養成コースを担当しています。従って,ゼミでは各種博物館の収蔵庫に未評価のまま眠る,貴重な考古系資料(=出土文化財)を「博物館学」的視座から再評価することが,専攻生の皆さんへの課題となります。同じ考古学分野でも,私のゼミでは「博物館学」がベースであり,遺跡の「発掘実習」は現在行っていません(=2016新制「考古学Ⅱ」)。
 私が受け持つ博物館実習,博物館資料論,博物館教育論,考古学特講Ⅱ等の関連諸授業では,学生の皆さん達とともに学び,語り合うなかで,フィールド調査の方法や文化財資料の取り扱い方,展示,普及教育,研究成果の公開方法など,様々な専門技術と知識,理論の修得を目指しています。そして,学部生段階での国家資格「学芸員資格」免許の取得が目標の一つです。在学中,幾多の実践経験を積み重ねることによって,専門性の高い職種へと就職の門戸も開かれることでしょう。具体的には各種学芸員や文化財専門職員,教職員等として,各地の博物館園や教育委員会,埋蔵文化財センターなど,様々な専門研究機関や教育機関等への道が期待できます。その道程は決して平坦なものではありませんが,充実した環境のもと,次第にスペシャリストとしての素養と自覚が養われていくことでしょう。また,例え将来は文化財関連の道に進まないとしても,きちんとした目標を定め,大学で出土文化財について学ぼうとする意欲があれば,大いに歓迎します。
 私の専門は先史考古学です。従って実践研究は「出土文化財」を基盤としていますが,その対象領域は日頃私たちが生活する身近な地域内部にも,皆さんの生まれ故郷にも,そして諸外国へも無限に広がっています。博物館学をベースにした先史考古学に興味関心がある学生さんは,ぜひ一度,法文学部本館4階にある研究室や博物館実習準備室を訪ねてみてくださいね。

小佐井 良太教授

こさい りょうた / KOSAI Ryota

, ,

専門分野:法社会学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 熊本市出身の「くまモン」です。愛媛大学赴任前は「愛媛県=うどん県」という誤った認識の持ち主でした。
 専攻/担当科目は「法社会学」です。法や裁判にかかわる具体的な問題に即して,法と社会のかかわり,社会の側から見た法のあり方を考えています。ゼミや講義では,法や裁判の現状や課題をさまざまなデータ・資料に基づいて検証し,法の理念や条文を学ぶだけでは見えてこない「法の現実の姿」を知ることの大切さや「法の現場」に対する視点/当事者・制度利用者の視点の重要性を理解してもらえるよう心がけています。
 研究テーマは,大きくまとめると「死別の悲しみと法」に関する問題です。さまざまな犯罪・事件・事故等でかけがえのない人を失った被害者遺族当事者が,刑事裁判や民事裁判を通して経験する法や裁判の問題を,被害者遺族当事者に対する聴き取り調査をベースに幅広く検討しています。具体的には,飲酒運転死亡事件,幼保・学校教育現場での死亡事件,大学生の新歓コンパ等における飲酒死亡事件等に取り組み,飲酒運転の抑止・再犯防止策/飲酒運転根絶条例,悪質・重大な交通事犯に対する刑事処罰の問題,事件・事故をめぐる紛争解決の望ましいあり方,人身損害賠償のあり方,犯罪被害者の権利/支援のあり方,等を研究しています。
 最後に学生諸君へ一言。大学では「就活」や効率的な単位取得にとらわれず,「正攻法」で学んでほしいと思います。若者らしく充実した大学生活をみなさんが過ごせるよう,少しでもお力になれれば幸いです。

児玉 麻美講師

こだま あさみ / KODAMA Asami

,

専門分野:ドイツ言語文化

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 高校生だった頃,何となく手にとって読みはじめたゲーテの『ファウスト』第二部の結末に衝撃を受けました。主人公のファウスト博士は,悪魔と契約を交わし,純粋な市民の娘グレートヒェンを誘惑して破滅へ向かわせ,自らの野望を達成するために多くの犠牲をもたらしたにもかかわらず,最終的に<永遠の女性的なるもの>によって救済されます。「この結末で本当にOKなのか?」――『ファウスト』のハッピー・エンディングは自分にとってずっと謎でした。
 大学院へ進学して一年目の夏休み,書庫のなかで偶然手にしたゴットホルト・エフライム・レッシングの全集に,同じテーマを扱った断片『ファウスト博士』を発見し,救済という結末の是非について再び考えるようになったのが,現在のテーマに取り組みはじめたきっかけです。18世紀ドイツの劇作家レッシングは,「ファウストが悪魔と契約を交わしたのは世界の真理を解き明かすため。人間の知識欲は罪ではない」と考えて,この主人公の救済を試みたのです。いったんは納得しましたが,すぐに疑問が浮かびます。――「真理を追究するためには何をしても良いのか?」
 文献文化学研究は,内からわきあがる素朴な疑問との絶えざる取り組みです。なぜこのようなテクストがうまれたのか? 時代精神,歴史的背景,同時代の人びとの反応,後代における受容など,あらゆる要素を検証しながら謎の解明に迫っていく過程はスリリングで,知ることと考えることの喜びをいつも再認識させてくれます。一方こうした研究は,元となるテクストを精読するための読解力,二次文献へとアクセスするための情報収集力,さらにそれらを客観的に考察するための分析力など,多くの能力を必要とする,地道で苦しい作業でもあります。必要な情報を整理し,筋道をたてて説明し,さまざまな意見を取り入れながら自分の考えをまとめあげていく力は,研究のみでなく日常生活のあらゆる局面で役立ち,人生をより豊かなものにしてくれるはずです。
 私の授業では,さまざまな文献や映像,雑誌記事,インターネット上の情報などを用いながら欧米言語文化への知識を深め,気になるテーマのことをじっくりと調べ,自分なりに考えを深めていく充実した時間をみなさんと共有できたらと思っています。

権 奇法准教授

こん ぎぼぶ / KWON Gibob

, ,

専門分野:行政法

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 大学における外国人教員というと,主に,語学を教えたり国際交流に関わったりすることをイメージする場合が多いでしょうが,私はそうしたことに直接関わっているわけではありません。普通に行政法を教えています。学問というのは,個々の具体的な事例を研究することもあるでしょうが,それよりも全体を貫く仕組みや理論を研究するものであり,このような理論は国境という壁を越えた普遍性を有するものでもあります。だからこそ外国人である私が日本の大学で行政法を教えることができたでしょう。もちろん,外国人としての自分の経験や知識を教育・研究に生かしていくことも重要だと思っています。
 さて,私が専門としている行政法とは,沢山ある法律のうち,行政に関する法律を総じていう場合のことです。行政法は,行政を縛るものであると同時に行政に権限を与えるものです。これは行政活動が法律に基づいて行わなければならないとのことを意味します。建築行政で言えば,違法建築物が存在する場合,行政はその建物の所有者に対して違法部分の除却命令を発することができ,また命令に応じない場合には強制的な手段を用いて除去することができます。このような行政の権限は,建築基準法という法律が行政にそのような権限を与えているからこそ可能なものあり,法律の根拠なしにはできない行政活動です。これを裏返してみると,建物所有者からすれば,違法でない建物の除却命令や強制執行を受ける所以はないことを意味します。このように,行政をめぐる法律関係は,行政の責務・権限と国民の権利・義務が対称構造にあり,行政法は,このような法律関係を規律する法律ということができます。
 行政法を勉強することは,様々な行政活動の仕組みに関する理解と,行政の活動をめぐって発生する様々な紛争を解決するための手続を学習することです。ひいては,行政法に関わる社会的問題を発見・認識し,問題解決のための手続や妥当な結論を導くためのプロセスを明確に理解できる力を身につけることでもあります。