経済学

近廣 昌志講師

ちかひろ まさし / CHIKAHIRO Masashi

,

専門分野:国際金融論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 講義科目は「国際金融論」・「金融論」を担当し,「預貸率変動の国際比較」・「財政ファイナンスに対する銀行信用の機能」・「金融政策の理論展開」に関して研究しております。ものごとを最初から地球規模で大きく捉える事も必要ですが,逆に,メカニズムや具体的事例を積み上げることによって大きく捉えることも必要です。
例えば私がイタリアのピアノ工房からピアノを購入し松山に輸入するとします。その代金を支払うと日本(日本円)とイタリア(ユーロ)のマネー量はどうなると思いますか? 日本のマネーが減少し,イタリアのマネーが増加するような気がしませんか? しかしその答えは,多くの場合,日本円もユーロも,マネー量は変化しません。
 また,日本のウェブショップで買い物をして,商品も配送も支払も国内で完結しているように見えても,その取引が外国籍企業による国際商取引として認識されるとどうでしょう。商売で得た利益の内,どこの国で税金を納めることになるのでしょうか。タックスヘイブンを利用して納税額を減らそうと企業が画策すると,日本で稼ぎ出した利益が日本の法人税として納められなくなり,財政は逼迫し,とりやすい相手から徴税するようになります。日本の税制問題も,既にしてグローバル社会としての問題なのです。日本が世界とつながっているというよりは,地球があってその中にあるひとつの国=日本でしかありません。
 日本銀行がマネー量を自由に増加させ,マネー量が増えれば物価が上がると思っている人はいませんか? 金融政策にしても,米国が無意味さや誤りに気付こうとしているときに,日本ではまだ日銀の「気合い」が足りないと信じている人たちが減りません。「気合い」とか「頑張る」という良くわからない言葉を使うのは,メカニズムがわかっていないからでしょう。是非,グローバル社会について経済金融の側面から勉強してみましょうよ。

松井 隆幸教授

まつい たかゆき / MATSUI Takayuki

,

専門分野:国際貿易論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 歴史と文化の町,ここ松山に平成11年より前勤務先の福岡大学から単身で赴任して参りました。当初は縁もゆかりもなかった松山の地でしたが,いつしか年月は流れて今日に至りました。おそらく居心地が良かったのでしょうね。おかげさまで,今では週に2~3回は松山城に登城し鋭気を養う日々を過ごしています。
 さて私は,このように恵まれた環境の中で,これまで主として2つの研究テーマに取り組んできました。一つは,欧州諸国の通商政策に関する研究です。これは,第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期に欧州を舞台に展開された欧州列強による市場分割と第二次大戦後に二つに分断された東西欧州市場の統合の歩みを中心とした通商政策の史的分析です。もう一つは,中・東欧諸国の貿易と技術に関する研究です。これは,西側先進諸国と旧社会主義諸国との技術水準の比較分析と西側先進諸国から導入された外国技術の役割及び東欧諸国における国内の研究開発(R&D)に関する分析です。またゼミでは,これまで環境にまつわる諸問題について取組んできました。
 私のモットーは,「やさしく教え,採点は厳しく」です。学生諸君にいちばん嫌がられるタイプかも知れませんね。そこで好奇心旺盛なみなさん,どうぞ学生時代にいろんなことにチャレンジしてみてください。人は,とかく早く成果をあげたがるものですが,ここは焦らず腐らず諦めず「三歩前進,二歩後退」ぐらいの気持で一歩一歩確実に歩み続けて欲しいと思います。もっとも二歩進んで三歩下がるのはちょっといただけませんがね。談