政治学

梶原 克彦准教授

かじわら かつひこ / KAJIWARA Katsuhiko

,

専門分野:歴史政治学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 私は19世末からのオーストリアにおけるナショナリズムの問題を研究しています。現在のオーストリア人にとって「自明である」オーストリア人という意識は,第二次世界大戦後に「形成された」ものだといわれています。私は,このオーストリア人意識がどのようにして形成されたのか,その過程を考察しています。
 舞台となる中央ヨーロッパは典型的な多民族地域で,民族同士の対立が生じ,そのため二度の大戦の舞台ともなりましたが,それだけに,現在でも傾聴に値するような諸民族共生の理論が提示された地域でもあります。さながら「実験場」のような地域の民族問題を,歴史を遡及して考え,これを現代や他の地域の問題と比較検討できるのです。このことは,日本人意識のように「当たり前」のように感じているものを相対化し,「なぜそのような意識を持っているのか」と問いなおす手掛かりにもなるでしょう。
 現在は,従来の研究をさらに進め,第二次世界大戦後の国民意識形成へ向けた動きを追求する一方で,現代に関する問題関心から「人の移動」を研究しています。具体的には,19世紀末から現在に至る移民・外国人労働者の問題,そして第一次世界大戦における捕虜政策と大戦後の帰還問題を検討しています。これらを通じて「国民国家の時代」と呼ばれる20世紀を再考できればと考えています。
 私の専門分野は,政治学の一分野である歴史政治学(政治史)です。歴史を取り扱う分野ではありますが,現代的な関心を持つ人にもおすすめです。「歴史は一度きり」だとすれば過去のことをあれこれ調べても意味はないのかもしれません。しかし人間社会の仕組みを知ろうとするとき,なかなか「実験」ができないことを思えば,過去の事象を通して現在の事柄を考察する必要性も生まれてこようかと思います。政治学のなかに歴史を取り扱う科目がある理由もここにあり,だからこそ,現代の問題に関心がある人にもぜひ学んでほしいと思っています。

土屋 由香教授

つちや ゆか / TSUCHIYA Yuka

,

専門分野:国際関係論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 最近,高校生と話をしていると,「どうしたら私たちはグローバル化できるでしょうか?」と言う人がいるのですが,「グローバル化」とは,否応なく押し寄せる波のようなもので,楽しいこともあるけれど,むしろ厄介なことのほうが多いのです。ちょっと前までは「テロ」というものは紛争地域の「ややこしい国」で起きるものだと,多くの人が思っていました。ところがいまや,過激思想はインターネットでまたたく間に世界に広がり,どの国の大都市がテロのターゲットになってもおかしくありません。また,中国の景気の良し悪しが,世界中の株価や為替相場に大きな影響を与え,日本企業にとっても死活問題になります。さらに,フクシマ原発事故やアメリカのシェールガス開発で,世界のエネルギー事情が大きく塗り替えられています。「どうしたらグローバル化できるか」ではなくて,「グローバル化の中でどう平和に生きて行けばいいのか」が問題なのです。
 大変な世界になってしまったものですが,しかし,その中で生き抜く技術(スキル)を身につけなくてはなりません。なんだか悲観的に聞こえますか?でも,出来ることはたくさんあります。まず,世界で起きていることを自分の目と耳でしっかり理解すること。国際ニュースをチェックしましょう。次に,日本の常識が必ずしも世界の常識ではないことを知ること。できれば外国で「アウェイ体験」をしましょう。さらに,文化や言語の異なる人たちとコミュニケーションをとること。語学を磨きましょう。そして,今ある世界や国々が「なぜこうなったの?」と好奇心を持つこと。政治外交や国際関係を学ぶことは,煮詰めれば外国の人が何に喜びや悲しみを感じるのか,その「心」を理解することに通じると思います。
 授業やゼミでは,今起きている国際ニュースを追いかけることもありますし,そのニュースの背景を読み解くための歴史や理論を学ぶこともあります。また「テロはなぜ起きるのか?」「なぜ核兵器は無くならないのか?」というような,一筋縄では行かない問題を真剣に討論することもあります。難しいことを,一緒に考え,学びましょう。

三上 了准教授

みかみ さとる / MIKAMI Satoru

,

専門分野:国際協力論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 人生は確率変数です。数ある潜在的な可能性の中で,どれが現実として出現するか,それは多かれ少なかれ偶然に支配されます。例えば,いつどこで生まれるか,学ぶか,働くか,死ぬか,すべては確率変数です。もちろん構造的制約や経路依存性により確率分布の形状は異なるでしょう。しかし,一瞬一瞬に偶発的要素が介在していることは確かだと思います。私は人生の一瞬一瞬を支配していた確率分布に思いをはせつつ,たまたま生起した現実を受け入れ,大切にすることをモットーにしています。
 さて,私は現在,主として開発援助政策の国際比較を行っています。これ自体も確率変数ですが,どのような政策がいつ行われるのか,ということも確率変数です。そしてその政策によって,誰がどのような影響を受けるのか,ということもまた確率変数です。しかし制度や政策は一斉に多くの人に影響を与えることが多く,上記のように影響の受け方は決して一様ではないとしても,ある種の傾向をもつことも事実です。私は制度や政策が説明責任を果たすためには,その平均的な効果を統計学等の科学的手法で明らかにしなければならないと思っています。
 と同時に,全体の中に含まれた一つの事例に注目することの重要性も認識しています。回帰モデルの想定によくあてはまるとしても,あてはまらないにしても,当事者にとっては実現値がすべてだからです。蓋然性は,個々の結果に責任を持ちません。私はその一つ一つの真実も知りたいと思っています。
 確率分布を俯瞰しつつ,個々の事例が,あるいは自分自身が,確率分布のどこに位置づけられるのか把握することは,ときに哀しく,もどかしく,そして興味深くもあります。学生の皆さんには,研究テーマに関わらず,しっかりとした方法論を身につけてもらいたいと考えています。