人文学履修コース

石黒 聡士講師

いしぐろ さとし / ISHIGORO Satoshi

,

専門分野:地理学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 今日はどんな坂を登りましたか?
 私たちが普段の生活で目にしたり,体感したりする地面の起伏などの自然環境は,理由もなく,なんとなくそこにあるように見えても, そうなっている理由が必ずあります。そしてそれは,気が遠くなるような壮大な空間的・時間的スケールの中で形作られてきたものです。私たちはその一端を見ているに過ぎません。
 地形や気候は私たちの生活に密接に関係しています。平らで広く,多くの水を湛えることができる平野は,水田に適しており,秋には一 面が黄金色に染まります。一方で,日当たりがよい斜面で,水はけが良い土地は果樹園に適しており,さまざまな果物がたわわに実りま す。昔から,人はこのような土地の性質を上手に利用し,工夫することで生活してきました。
 しかし,自然は恩恵ばかりを与えてくれるものではありません。台風や大雨により,河川は氾濫して洪水を起こし,活断層が活動すれば 地震が発生し,時には甚大な人的・物的被害をもたらします。自然災害の発生の仕組みを解明し,いかに被害を軽減するかを追求するこ とも地理学の大切な役割の一つです。
 私たちを取り巻く自然環境を観察するためには,どのような方法があるでしょうか。地球規模の広域を対象にする際には,衛星画像を 用いることが有効です。都市や集落などを対象にする際は,航空写真が有効です。そして何と言っても,地理学において最も重要かつ 直接的な手段は,現地に出かけていって実物を観察する踏査です。
 さらに近年はUAV(Unmanned Aerial Vehicle, 無人航空機,いわゆるドローン)が爆発的に普及し,自然地理学的調査に革命的な変化 をもたらしています。私はUAVを地形学的調査に応用し,従来は不可能であった高精細な地形解析に取り組んでいます。
 自然地理学は,人間生活を取り巻く自然環境を注意深く観察することから始まります。なぜそこは坂道になっているのか,なぜそこに 崖があるのかなど,まずは「なぜ?」に気づくことが大切です。その問いに対して現地を観察し,考察し,答えを見いだすことは,ひいては 災害に対して強靭な社会をつくることにもつながります。
 今日あなたが登った道は,なぜ坂になっているのでしょうか?

笹田 朋孝准教授

ささだ ともたか / SASADA Tomotaka

,

専門分野:考古学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 人類が使用した利器の材質で時代を区分する方法があります。この時代区分を使用した場合,約三千年前から現在に至るまで“鉄”の時代が続いてきました。わたしはこれまでその“鉄”が文化や社会にどのような影響を与えてきたのかについて,考古学の手法を主に用いて研究してきました。現在の主なフィールドは東北アジア(モンゴルやロシアなど)ですが,東アジア古代鉄文化研究センターの研究員だったころは国内外の様々な遺跡の調査に関わってきました(モンゴルの大草原,ゴビ沙漠,シベリアの森林地帯,江戸遺跡,沖縄のグスク,北海道のチャシなど)。最近では江戸時代や明治の鉄も対象としています。
 考古学はフィールドの学問ですので,みなさんも大学の外での調査と学内での研究の両方をすることになります。屋外の調査はそれなりに大変ですが,普段の生活では味わうことのできない貴重な体験を積むことができます。また,それぞれの土地では現地の方々と交流を深めながら,共同で調査を行うことになります。
 学力はそこまで問いません。精神力と体力があって,いろいろなことに物怖じしない学生さんを歓迎します。

幸泉 満夫准教授

こいずみ みつお / KOIZUMI Mitsuo

,

専門分野:考古学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 私は,文系では法文学部でのみ取得可能な国家資格「学芸員資格」の養成コースを担当しています。従って,ゼミでは各種博物館の収蔵庫に未評価のまま眠る,貴重な考古系資料(=出土文化財)を「博物館学」的視座から再評価することが,専攻生の皆さんへの課題となります。同じ考古学分野でも,私のゼミでは「博物館学」がベースであり,遺跡の「発掘実習」は現在行っていません(=2016新制「考古学Ⅱ」)。
 私が受け持つ博物館実習,博物館資料論,博物館教育論,考古学特講Ⅱ等の関連諸授業では,学生の皆さん達とともに学び,語り合うなかで,フィールド調査の方法や文化財資料の取り扱い方,展示,普及教育,研究成果の公開方法など,様々な専門技術と知識,理論の修得を目指しています。そして,学部生段階での国家資格「学芸員資格」免許の取得が目標の一つです。在学中,幾多の実践経験を積み重ねることによって,専門性の高い職種へと就職の門戸も開かれることでしょう。具体的には各種学芸員や文化財専門職員,教職員等として,各地の博物館園や教育委員会,埋蔵文化財センターなど,様々な専門研究機関や教育機関等への道が期待できます。その道程は決して平坦なものではありませんが,充実した環境のもと,次第にスペシャリストとしての素養と自覚が養われていくことでしょう。また,例え将来は文化財関連の道に進まないとしても,きちんとした目標を定め,大学で出土文化財について学ぼうとする意欲があれば,大いに歓迎します。
 私の専門は先史考古学です。従って実践研究は「出土文化財」を基盤としていますが,その対象領域は日頃私たちが生活する身近な地域内部にも,皆さんの生まれ故郷にも,そして諸外国へも無限に広がっています。博物館学をベースにした先史考古学に興味関心がある学生さんは,ぜひ一度,法文学部本館4階にある研究室や博物館実習準備室を訪ねてみてくださいね。

中原 ゆかり教授

なかはら ゆかり / NAKAHARA Yukari

,

専門分野:文化人類学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 皆さんは文化人類学というとどんなイメージがありますか?どこか遠くのしらない土地へ出かけ,先住民たちの家を訪れ,素朴な手作りの道具で調理したものを食べる・・・そんなテレビでみたことのある光景を思い浮かべるのではないでしょうか。人類学では長い間,西洋化以前の先住民の土着文化への懐古,あるいは消えつつある東洋的異国情緒の復元といった視線で文化が語られてきました。こういった西洋中心の評価に皆さんは疑問を感じることでしょう。現在の人類学では,語り手のポジションから生まれる制約を充分認識することを大前提とするようになりました。また研究対象も,以前「未開」とされていた地域の文化や社会変化のみならず,様々な地域の大衆文化も扱っています。例えば,ファッション,食物,大衆演劇,音楽,巡礼等です。
 入学してから4年間,大学生活の中で様々な経験をすることと思います。そういったことも含めて自文化を客体化し,楽しみながら勉強していきましょう。

寺内 浩教授

てらうち ひろし / TERAUCHI Hiroshi

,

専門分野:日本史

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 皆さんは平安時代といえばどんなイメ一ジをもっておられるでしょうか。10世紀になると律令制度は崩壊し,都の貴族は政治をかえりみずに形式的な儀式や宴会にあけくれ,地方では貪欲な受領が収奪を欲しいままにしていた。そのため国政は乱れ,人々は自衛のため武装し,多くの武士団が生まれた。だいたいこんなところが平安時代についての一般的なイメ一ジではないでしょうか。しかし,ここ20年ほどの間に従来の平安時代史像は一新されつつあります。律令制度は変容しつつも国内に定着したこと,平安貴族も政務に励んでいたこと,武士団は国家の側から軍隊として組織されたものであること,などが近年の研究で明らかにされました。つまり,平安時代は決して政治の乱れた時代ではなく,中央・地方ともに一定の秩序が保たれた時代というのが最近の通説です。
 このように,日本史の研究は,日本の過去の歴史的事実を明らかにし,新しい日本歴史像を構築することを主要な目的としています。高校までの日本史はこれまでの通説を暗記するだけの受動的・消極的なものだったと思いますが,本当の日本史はもっと能動的・積極的なものなのです。もっとも,通説を打破し,新しい歴史像を打ち立てることは決して容易ではありません。通説の誤りを批判し,多くの難解な史料を読みこなし,自己の新説が正しいことを論理的に証明せねばなりません。そのためには,現在及び過去に対する鋭い問題意識,物事を論理的に判断・思考する力が不可欠です。日本の過去の歴史的事実を覚えるのではなく,批判的・論理的思考を積み重ねてそれを発見すること,それが大学で学ぶ日本史です。

胡 光教授

えべす ひかる / EBESU Hikaru

,

専門分野:日本史

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 井伊直弼はどんな人物だったのでしょうか?朝廷を無視して条約を結び反対派を弾圧した国賊?それとも国難に立ち向かい日本を開国に導いた英雄?立場の違う史料を読み解くと全く異なった結論にたどりつきます。新しい史料を発見すれば,未知の歴史に出会うこともできます。皆さんは,未来の歴史を創るだけではなく,日本史を研究することで過去の歴史を創ることもできるのです。正しい歴史的事実を明らかにし,現代の日本が進むべき道標を示すことは,日本史研究の本質だと思います。そのためには,過去の人々が記した古文書を解読し,古文書の真偽を判断し,史料内容の真実を見極め,学説と比較して自分なりの結論=歴史像を創り出していく訓練を大学では行います。このような思考は,日本史の知識を活かす職業に就かない場合でも広く必要とされる方法だと言えます。もちろん,近世・近代史の専門知識を活かす,教員や博物館の学芸員,文書館のアーキビスト,図書館の司書,自治体の文化財職員なども養成していきたいと考えています。
 井伊直弼を支えた南紀派と呼ばれる大名グループの中には,伊予松山藩主松平勝成がおり,反対の一橋派には宇和島藩主伊達宗城が組していました。近世の伊予には八つも藩があり,多様な歴史と史料を持ち,歴史研究の素材には事欠きません。藩域と藩権力の相違は,現在の言語や文化,産業などにも影響を与え,近世に本格化する四国遍路や祭礼は今もなお盛んです。現代社会の原点とも言える近世史を,史料から直接学び,史料の大切さを知り,後世に伝えていく。「古きを訪ね,新しきを知り,また古きを伝える」精神で,厳しくも楽しく,ともに歴史の扉を開いてみましょう。

中川 未来准教授

なかがわ みらい / NAKAGAWA Mirai

,

専門分野:日本史

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 この頁に目を通しているあなたは,多かれ少なかれ歴史に関心を抱いていると思います。それでは,あなたはどのようなきっかけで歴史に興味を持ちましたか? 魅力的な歴史的個性への関心,あるいは現在とは異質な過去の社会に対する好奇心,はたまた現代社会への疑問を過去にさかのぼり探求したいという意欲……。その他どのような経緯であれ,またどのような価値観に基づくにせよ,あなたはその興味を歴史学という方法を用いて掘り下げることができます。歴史学(ここでは日本史学)は,あなたの問題関心を広く受けとめうる「ゆるやかでソフトな学問」なのです。
 もちろん日本史学が経験科学である以上,何を主張してもいいわけではありません。まずあなたの主張は,誰もが参照しうる史料に基づいている必要があります(事実立脚性)。さらにそれは,誰にでも理解できる筋道だった主張であることが必要です(論理整合性)。この2つのルールさえ守るならば,あなたの前には汲み尽くせない知の海がひらけるはずです。
 確かに歴史学は,ひたすら史料を読むというある意味「辛気くさい」学問です。しかしあなたに内在する問題を見いだし,課題を設定し,史料を読みこみそれを根拠づけていく作業のなかで,1つの事実にも様々な見方が存在し,それを意味づける価値観もまた多様であることが理解されていくと思います。歴史学の学びは,異なる多様な価値を認め,開かれた議論を行う能力を身につける絶好の機会となるでしょう。
 ただし,教員があなたに課題を与えることはできません。自分のなかにある問題を掴み出し,自身で史料の海を泳いで下さい。もちろん泳ぎ方は教えますし,海図や救命浮き輪も与えます。声援も惜しみません。過去との対話を通してあなた自身を見いだして下さい。

高橋 弘臣教授

たかはし ひろおみ / TAKAHASHI Hiroomi

,

専門分野:アジア史

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 中国は長い歴史を持つ国であり,現在の中国人のものの考え方や行動のパターンも,そうした歴史の中でつちかわれた思想や国家・社会体制との関係を抜きにしては語れません。現在の中国を理解し,中国と上手くおつきあいするためにも,今一度中国の歴史を振り返ってみる必要があると言えましょう。
 中国の歴史は難しい漢字が頻出する上に,王朝が交代を繰り返しているだけで発展の速度が鈍く,面白くないと考えている人がいるかもしれません。確かに産業革命以降,中国は欧米諸国の急速な発展に遅れをとりました。しかしそれ以前,特に宋~元代の中国は,いろいろな面において,世界で最も進んだ国であったと云っても決して過言ではないでしょう。中国の歴史は決してつまらないものではなく,奥深く,スリルに富んだものであると私は思います。
 中国史,特に前近代史を研究するには,漢文史料の正確な読解力が要求されます。現在の高校の漢文教育の実態からすると,漢文史料を一通り読みこなせるようになるには,それなりの苦労が伴うかもしれません。しかし,何と言っても我々が普段使っているのと同じ漢字で書かれているわけですし,「習うより慣れろ」という言葉もあります。最初はさっぱりわからなくとも,眺めているうちに何となく読めるようになってくるもので,心配はいりません。中国史の研究は日本史・西洋史と比べると立ち遅れが目立ち,基本的な事実関係すら未確定な部分が多く,新しい方法論や分析の視角を導入してみる余地も多々残されていると思います。皆さんの積極果敢なチャレンジを期待します。

水野 卓准教授

みずの たく / MIZUNO Taku

,

専門分野:アジア史

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 古代中国と聞いて,みなさんの頭には何が思い浮かびますか。高校時代に世界史や漢文が好きだった人は,秦の始皇帝・項羽・劉邦といった歴史上の人物とか,殷・周・秦・漢といった王朝の名前を思い出す人もいることでしょう。あるいは,マンガ好きな人であれば『キングダム』のストーリーを,ゲーム好きな人であれば「三國無双」の世界を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
 その『キングダム』が描く春秋戦国時代や,「三國無双」の舞台である三国志の世界は,漫画家やゲームクリエーターが想像で創り上げているわけではなく,当時のことを記した書物を手掛かりに創り出しているはずなのです。例えば,中国古代の有名な歴史書である司馬遷の『史記』や春秋時代の説話が数多く記されている『春秋左氏伝』,諸子百家の思想が記された『論語』『孟子』などを読むことによって,私たちは当時がいかなる世界であったのかを知ることができるのです。
 歴史を学ぶ上で歴史資料を読むことは必要不可欠であり,中国古代史であれば,それは『史記』などの古典文献に書かれた内容を漢文で読むということになります。つまり,漢文によって歴史資料を読み込み,その資料に基づいて古代中国がいかなる世界であったのかを探ること,そこに中国古代史を学ぶうえでの「面白さ」があると言えるでしょう。
 中国古代史の勉強が社会に出た時に直接役立つわけではありませんが,歴史家E・H・カーの「歴史は現在と過去との対話である」という言葉にも示されているように,古代中国の歴史を学ぶことで,現代中国を理解する際の手助けになるかもしれません。また,古典文献に記された「故事成語」などを知っておくことも,社会人の「一般教養」として,どこかで役に立つはずです。魅力あふれる中国古代史を一緒に学んでみましょう。

菅谷 成子教授

すがや なりこ / SUGAYA Nariko

,

専門分野:東南アジア史

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 私と異文化との自覚的な出会いは,小学校1年の秋,当時の西ドイツから日本に帰国した時でした。タラップを降りるなり熱風が吹き寄せるなか,出迎えや見送り,さらには「飛行場」見学の多数の「日本人」を見た時でした。ああ,なんというところに着いたのだ。なんだか黄色い,貧相な体格をし,なんとなく垢抜けない服を着た異様な人びと・・・。西ドイツにいるころ,私は自分が「日本人」で,周りの人びとと違っていることを子供心にもはっきりと自覚していました。それでも日本および日本人の第一印象は,上に述べたようなものであったのです。
 ずっと後になって,ある人が次のように言っているのを聞きました。「飛行機を降りると熱風が吹き寄せてきた。褐色の肌をした人を見たとき,ああ,第三世界に来たのだと強く実感した」と。その後,東南アジアの歴史を勉強するようになって,フィリピンをフィールドとするようになりました。日本に出稼ぎに来たことのあるフィリピン人は,次のように言いました。「日本の空港は素晴らしい。とてもきれいだ。さすが先進国日本だと思った」と。
 しかし,私には「日本の第一印象」が忘れられません。私たちは,ともすれば「欧米」に親近感を抱き,彼らにもそれを期待しがちのように思われます。しかし,一般の欧米の人びとは,日本あるいは日本人のことをどう思っているのでしょうか。一方,アジアの人びとは,どうなのでしょうか。そんな風にいろいろと思いをめぐらせてみると,普段の風景がなにか違って見えてくるかもしれません。