経済学・経営学

佐藤 智秋教授

さとう ともあき / SATO Tomoaki

,

専門分野:統計学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 今から2千年ほど前,遠く古代ローマ帝国において人口調査が行われていました。新約聖書には,この調査を受けるために,ある一組の夫婦が故郷のベツレヘムに戻り,その時,一人の男児が産まれたと書かれています。我が国においても,日本書紀の中に人口調査についての記述があります。このころの人口調査は,専ら徴兵や徴税のために行われていました。
 さて,現代の日本では,5年に一度,国勢調査と呼ばれる人口調査が行われています。もう少し説明すると,日本の人口は,5年に一度,全世帯を対象とする国勢調査によって把握され,国勢調査と国勢調査の間は,国勢調査人口にその後の出生数や死亡数を加減し,毎月の人口が推計されています。
 日本では人口減少が社会問題になっていますが,国内の人口は2008年にピークに達し,その後,減少が始まっているのがこの人口推計により捉えられています。ところが,あまり注目されていませんが,さらにその後の2010年10月に実施された国勢調査で,国内人口は過去最多を記録します。矛盾してみえますが,どちらも事実です。要するに,真の人口は掴めていません。ライフスタイルの多様化などから,国勢調査の捕捉率の低下が危惧され,2010年の国勢調査時に調査方法を変更したことが,混乱の一原因になっています。
 21世紀の我が国の関心事は広範囲に渡り,そのための統計調査も膨大な数になっています。大勢の人間が,統計調査の結果を使いながら,巨大な装置を操作しようとしている姿をイメージしてみてください。残念ながら,私たちは必要とされる統計もその使い方も十分に獲得できていません。まだまだ,危なっかしい舵取りをして行かざるを得ないようです。
 ここまで国家による統計調査について触れましたが,今日では,社会,組織,個人が,何らかの判断や予測をする際に,統計を利用することが不可欠になっています。授業では,現行統計の特徴を理解し実際に利用してみながら,課題解決のための統計の利用方法を考えていきます。こうした統計学を一緒に学んでみませんか。

丹下 晴喜准教授

たんげ はるき / TANGE Haruki

,

専門分野:社会政策

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 日本は現在、人口減少のトレンドに入りました。大都市圏以外の地域はその衰退が著しく、消滅可能性さえ危惧される状況です。これまでの政府の政策は、地域の振興をはかり都市と地方の均衡を目指すなど、さまざまな形で展開されてきました。しかし、成功の決定打は生まれていないといっても過言ではありません。
 このようななか安倍内閣は、「地方創生」を前面に打ち出し、地域の再編を図ろうとしています。ここで想定されるアクターは地域を革新する企業とそれを支援する行政と言う構図です。しかし、地域にはなにより住民が生活しています。さらに地方自治体には、単に政府の末端組織というだけでなく、住民自治の担い手としての独自の姿もあります。
 私はもともと、企業における働き方を専門に研究してきました。しかしこの間は、地方において働く場をつくること、そのことを通じて地域を振興することに研究の重点を移しています。最も新しい研究では、政府の地方創生戦略の展開と、そのもとでの地域における企業、住民、住民自治組織、さらには地方自治体の協調と対抗を分析し、人口減少時代における地域の持続可能性を実現するモデルを示そうと考えています。
 私の研究室の卒業生には、民間企業出働くひとはもちろん、公務員として地域づくりに貢献しているひと、公的機関で公共性を支える仕事についているひとが多くいます。このような分野を志している人は、是非、研究室にいらしてください。

中西 泰造准教授

なかにし たいぞう / NAKANISHI Taizo

,

専門分野:経済政策

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 ゼミをやるときに,こんなメッセージを聞いてもらっています。
 震災と原発事故で傷ついた社会にあって,私たちはどのようにして自分たちの未来を…未来があればですが…なんとか切り開いていくことができるのでしょうか。集団的自衛権の行使容認を始め,海外で戦争をするための準備がどんどん進んでいます。憲法はただの紙切れになりかかっており,戦後これまでも,政府にとっては紙切れ扱いでしかなかったことが明らかにされています。
 自分はどうにかしたいと思っていることがあれば言ってみましょう。人の話を真剣に聞いてみましょう。あるテーマをしぼって学ぶ仲間をつくり,真摯に現実に向き合って,自分の考えを練りあげましょう。学ぶ仲間を作って相互に支えあうのがゼミナールです。楽しいことばかりじゃないですが,がんばってやりましょう。

【OBからのメッセージ】社会にでて働きだして丸3年が過ぎました。仕事にはやりがいを感じており日々頑張って過ごしております。でも,やっぱりほっとする時は家に帰ったときです。家族の笑顔を見るたびに幸せを感じます。でも現在の日本の国会をみてみると,そんな家族の笑顔がいずれ失われるんじゃないかと不安になるような法案が次々と飛び出しています。世の中には本音と建前があります。今目の前にある現実が過去の教訓が生かされ,未来に何を残すのか,それをしっかり見定めることが必要な時代となりました。
 私たちのゼミでは,そんな社会問題に目を向け,人生の軸となる考え方を仲間と見つけることができました。皆さんも,これなんか違和感あるな,納得いかねーというちょっとした疑問を大事にして学びの芽を育てていってください。共に頑張って生きていきましょう。

【お願い】ゼミの中で困っている人がいればいろいろ相談して助け合ってください。いじめをしたりされたり,いやがらせをしたりされたりしたらいかんよ。何かいいことをしてもらったら感謝してみてください。勉強がうまくいかないようなら,皆で知恵を出し合ってなんとかなるようにしてください。不器用でもこつこつやる姿勢を評価してください。勉強に時間をかけてください。自分のいたらなさにも忍耐しながら,こつこつやっていきましょう。

新関 剛史講師

にいぜき たけし / NIIZEKI Takeshi

,

専門分野:マクロ経済学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 日本はこれまでに幾度となく不況を経験してきましたが,その度に政府は大規模な経済政策を打ち出し,景気の下支えに努めてきました。経済政策には大きく分けると財政政策と金融政策があります。財政政策とは政府が公共事業等を積極的に行う政策のことであり,金融政策とは中央銀行である日本銀行が世の中に出回っているお金の量(貨幣供給量)を増やすこと等によって,民間経済を刺激する政策のことです。では,なぜこのような経済政策を行うことで,政府は景気を回復させることができると考えているのでしょうか。
 財政政策は建設業者に公共事業を発注し,橋や道路を建設するわけですから,建設業者の所得が増え,ひいては消費も増えることから,何となく景気にはプラスの効果がありそうです。また,高速道路等のインフラ整備を行うことで,民間セクターの生産性が上がる効果も期待できそうです。しかしながら,財政政策を行うためには財源が必要です。これは,一般的に増税か国債の発行(つまり,借金をする)で賄うしかありませんが,増税や新たな借金は現在の経済状態にマイナスの影響を与える心配があります。こういったマイナス面を考慮した後でも,財政政策は効果があるのでしょうか。また,金融政策に至っては,そもそも世の中に出回るお金の量が増えると,なぜ景気が良くなると考えられているのでしょうか。
 このように,経済政策ではどのような理論的なメカニズムが想定されているのか,またその理論がどの程度データによってサポートされているのか(どの程度理論によって予想されている経済効果が実際に出ているのか)等を考えていくのがマクロ経済学の中でも最重要トピックの一つであり,今でも世界中で精力的に研究がなされている分野です。マクロ経済学1・2の講義を通じて,このような経済政策の面白さをお伝えできればと思います。

三宅 裕樹講師

みやけ ひろき / MIYAKE Hiroki

,

専門分野:財政学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 生まれ・育ちともに京都の人間です。2015年4月に着任しました。
 本学部では少数派となる経済系教員として、財政学関連の講義を担当しています。私たちが安心して豊かに暮らせる経済・社会のために、政府はどのような役割を果たすべきか、果たせるのか、そして現実に果たしているのか、を考える分野です。社会保障や教育といった公共サービス、消費税やタックスヘイブンといった税金、地方自治体の役割などが、典型的なテーマとなります。
 もっとも、研究では、こうした財政学の通常の範疇からは少しはみ出して、金融論の分野とも重なり合う「政府と金融市場の関係のあり方」という課題に取り組んでいます。経済の自由化・グローバル化が急速に進む中で、金融市場の影響力は日に日に大きくなっています。他方、特にわが国の政府は約1,000兆円と莫大な借金(債務)を抱え、金融市場への依存をますます強めています。金融市場との向き合い方を一歩間違えれば、ギリシャなどのように政府の財政運営は立ち行かなくなり、国民が路頭に迷うことにもなりかねません。そうした最悪の事態を回避するためにも、国債・地方債・財投機関債といった政府債務の問題に、狭い枠組みに縛られず多角的な視点から考えていくことが重要と考えています。こうした問題意識や研究成果は、講義にも随時反映させています。私のウェブサイト(http://www.mcnnns77.net)も、よろしければご参照下さい。
 ご関心のある方は、どうぞ気軽にお声掛け下さい。研究室へのお越しもお待ちしています。阪神ファンやアメフト(NFL)ファン、そして何より森高ファンは、特に大歓迎です。

和田 寿博教授

わだ としひろ / WADA Toshihiro

,

専門分野:経営管理論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 兵庫県北部の出身です。コウノトリ,竹田城,城崎温泉,湯村温泉,氷ノ山が評判。2016年元旦NHK総合番組で中継された明延(あけのべ)のある養父市(やぶし)で育った。高校生の子どもを持つ,学生の親世代に当たる。
 1994年,本学に専任講師として採用され,2010年から法文学部と地域創成研究センターの教授を兼任している。専攻は比較経営史で,近現代の東北アジアと北米・南米における経営者・労働者,企業の発展を研究。「よい経営者,よい会社,よい経営環境」目指す人の育成の研究,教育,貢献に取り組んでいる。専門科目では「経営政策学」「経営管理論」を担当,共通教育科目ではおじいちゃん,おばあちゃんの戦争体験を聞き,外国人との友好をめざす「平和学」を担当。人々が平和な社会で自由を亨受できる経済・経営・社会のあり方,政府・企業・人間の役割を模索しています。学生・卒業生と就職・自立支援のNPOを設立。近年,持続的ツーリズムの研究を始めました。
 愛媛大学は24時間学生が活動できる良い大学です。次世代の主人公として成長できる可能性にあふれています。第2次世界大戦,アジア・太平洋戦争から70年,9・11事件と戦争,東北アジアの平和,経済格差と絆,3・11の震災と原発事故,18歳選挙と民主主義・・・現代社会と人間は大きな変化の中にあります。大学の主人公として,「学問,共生,自立の一歩」をふみ出しましょう。
*和田他編『学びの一歩―大学の主人公になる―』を推薦。

青木 理奈助手

あおき りな / AOKI Rina

,

専門分野:政策情報科学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
えひめ生まれ、えひめ育ちの愛媛っ子です。

本学部では、社会科学講座の管理全般をしており、教員補佐、学生支援などをしております。
社会科学講座の文献室は豊富に文献が揃っておりますので、教員も学生も活用しております。
大学生活で培われたものは、一生の財産になります。
また、学生時代の友人は、一生の友人!
楽しく充実した大学生活を過ごしてください。