幸泉 満夫准教授

こいずみ みつお / KOIZUMI Mitsuo

,

専門分野:考古学
教員からのメッセージ
 私は,文系では法文学部でのみ取得可能な国家資格「学芸員資格」の養成コースを担当しています。従って,ゼミでは各種博物館の収蔵庫に未評価のまま眠る,貴重な考古系資料(=出土文化財)を「博物館学」的視座から再評価することが,専攻生の皆さんへの課題となります。同じ考古学分野でも,私のゼミでは「博物館学」がベースであり,遺跡の「発掘実習」は現在行っていません(=2016新制「考古学Ⅱ」)。
 私が受け持つ博物館実習,博物館資料論,博物館教育論,考古学特講Ⅱ等の関連諸授業では,学生の皆さん達とともに学び,語り合うなかで,フィールド調査の方法や文化財資料の取り扱い方,展示,普及教育,研究成果の公開方法など,様々な専門技術と知識,理論の修得を目指しています。そして,学部生段階での国家資格「学芸員資格」免許の取得が目標の一つです。在学中,幾多の実践経験を積み重ねることによって,専門性の高い職種へと就職の門戸も開かれることでしょう。具体的には各種学芸員や文化財専門職員,教職員等として,各地の博物館園や教育委員会,埋蔵文化財センターなど,様々な専門研究機関や教育機関等への道が期待できます。その道程は決して平坦なものではありませんが,充実した環境のもと,次第にスペシャリストとしての素養と自覚が養われていくことでしょう。また,例え将来は文化財関連の道に進まないとしても,きちんとした目標を定め,大学で出土文化財について学ぼうとする意欲があれば,大いに歓迎します。
 私の専門は先史考古学です。従って実践研究は「出土文化財」を基盤としていますが,その対象領域は日頃私たちが生活する身近な地域内部にも,皆さんの生まれ故郷にも,そして諸外国へも無限に広がっています。博物館学をベースにした先史考古学に興味関心がある学生さんは,ぜひ一度,法文学部本館4階にある研究室や博物館実習準備室を訪ねてみてくださいね。