グローバル・スタディーズ履修コース

石坂 晋哉准教授

いしざか しんや / ISHIZAKA Shinya

,

専門分野:アジア地域研究

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 アジア地域研究の魅力は,第1に,アジアの面白さ,奥深さ,多様さに触れることができる点にあります。みなさんはアジアと聞いて,どんなことをイメージしますか? アジアには,日本もその一部である東アジアの他に,東南アジア,中央アジア,南アジア,西アジア(中東)といった地域があります。各地域は,それぞれ固有の生態地理的条件のもとで,さまざまな歴史的経緯を経て,固有の特徴を備えています。日本とは異なる地域の社会や文化,政治や経済について学ぶことで,日本の“常識”を離れて,幅広い視野から物事を見たり考えたりすることができるようになるでしょう。
 例えば,アジア地域研究のゼミでは,インド独立運動の闘士M.K.ガーンディーの主著『真の独立への道』を読み,その非暴力主義や近代文明批判の今日的意味について,じっくりと考えます。ガーンディーの思想と行動は,19世紀末から20世紀初めにかけてのインドやヨーロッパなどの思想的・文化的状況や,当時の政治・経済の動きのなかで培われた独特のものです。しかしそこには,私たちが今,自分自身や世界について,これまでとは違った角度から捉え直したり,それらの理解を深めたりするために役立つ,さまざまな鍵が含まれています。
 ところで,現在,世界に生きている人の半分以上はアジアに住んでいる,という事実をご存知ですか? グローバル化の時代を生きていくみなさんにとって,今後,日本以外のアジアの人たちと接する機会も増えていくことになるでしょう。そうした時,アジアの社会や文化について大学で本格的に学んだ経験は,大いに生かされるに違いありません。これが,アジア地域研究の第2の魅力です。
 地域研究で重視されるのは,現地フィールドワークです。本や論文を読んだり,インターネットやTVを視聴したりして得る知識だけでなく,実際に現地に足を運び,現地の空気を身体全体で味わい,そこの人たちと直接話をして初めて得ることができる知識というものがあります。法文学部の「海外フィールド実践」はそれを体験する科目です。海外での“出会いと対話”は,きっと,みなさんの今後の人生にとって大きな意味をもつことになるでしょう。

佐藤 亮子准教授

さとう りょうこ / SATO Ryoko

,

専門分野:観光まちづくり論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 日本を訪れる外国人旅客が急増しています。政府が立てた2020年に2000万人という目標は,近々に達成されるでしょう。世界に目を移すと,年間12億人近い人が海外旅行をしています(国連世界観光機関)。世界の人口が73億人ですから,地球上の16%もの人が国境を越えて旅をしているということになります。まさに人類大移動時代です。
 では,そうした人たちが何を見たいかといえば,その国ならではの文化や自然ということになりますが,実は外からきた人たちは,そうしたものを守りつなげている人の暮らを見ているのです。なかでも近年の傾向としては名所旧跡周辺だけでなく,地方の何気ない光景や暮らし,手仕事や食などを体験したいという人が増えている。つまり,グローバルに移動しつつ,ローカルな価値に目が向いているということ。逆に言えば,地域という空間に人々の営みが時間を経て蓄積してきたものの意味を正当に解釈し発信する,すなわちローカルな価値の普遍性をグローバルに問いかけていくことが重要になります。グローバル・スタディーズ履修コースに「観光」を位置づけている所以です。
 まちづくりについても同様です。ローカルな活動はグローバルに共鳴しあっています。「まちづくり」という概念は,アメリカでも「machidukuri」で通用する,あるいは「社区創造」(台湾)や「マウル・カクギ(マンデルギ)」(韓国)といった言葉の元になるなど,グローバルに普遍性を持ち始めています。逆に住民参加(参画)の手法として広まっている「ワークショップ」「ファシリテート」などは海外から入ってきたものですが,ずいぶん日本でも定着してきました。またCSA(CommunitySupportedAgriculture)のように,日本に習って海外で広がった活動が,逆輸入されている例もあります。国境を越えてローカルに学び合い,それぞれのまちづくりに活かしているのです。
 「観光」「まちづくり」はグローバルとローカルを相互に結んでいます。ゼミでも,国内・海外のフィールドをめぐりながら,地域に根ざした観光やまちづくりについて学んでいきます。ローカルでグローバルな地域のダイナミクスを経験することは,社会人への大きな礎になることでしょう。ぜひ一緒に勉強してみませんか。

米田 誠司准教授

よねだ せいじ / YONEDA Seiji

,

専門分野:観光産業論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 石川栄耀という人をご存知でしょうか。日本の都市計画の泰斗であり,東京の戦災復興計画を立案し,東京都庁でその戦災復興事業を手掛け,晩年は早稲田大学で都市計画の教鞭をとった人物です。私はこの石川先生に憧れて大学の門を叩き,東京都庁で多摩ニュータウン計画の最後の見直しなど,大規模なまちづくりの仕事に9年間携わってきました。その私がなぜ愛媛大学でみなさんと一緒に活動しているのかはまさにご縁なのですが,そのきっかけは全国公募で人口約1万人の小さなまち由布院に家族で移り,観光まちづくりに12年間携わったことにあります。住みやすいまちをつくることが観光につながるという観光まちづくりは,思想でありまた同時に具体的なムーブメントであるわけですが,その中からさまざまに湧出した問いを大学院で取りまとめて,こうして研究と教育に携わることとなりました。この観光まちづくりは,国の政策では観光地域づくりという言葉に集約されつつありますが,これからの時代に地域を閉じたものと考えずに,地域の課題を地域外の人の知恵や力も借りながら,また同時に地域の価値を世界に伝えつつ解決していく,そうしたことに大きな可能性を感じています。そこで私自身の研究は,観光まちづくりの意味そのものや,滞在型観光と移住政策の接合から地域経営をみていくことなどをテーマにしています。ゼミ活動では,由布院という地域を定点観測しつつ,学年ごとのテーマに沿って全国の地域を訪ね,さまざまな人に出会いながら調査を続けていきます。それぞれの卒論のテーマも,地域に関わることであれば原則として自由に設定できるようにしています。憧れの石川先生を大きな目標にしつつ,これからのまちづくりについてみなさんや地域の方々と一緒に考え,悩み,そして行動していきたいと思っています。

秋谷 裕幸教授

あきたに ひろゆき / AKITANI Hiroyuki

,

専門分野:中国言語文化論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 日本と中国との関係はなかなか一筋縄ではいきませんが,両国が今後ともつきあい続けていかないことは確実でしょう。その中国の社会,言語,文化等を大学時代に学ぶことは皆さんの人生にとって有意義なことだと思いますし,知的興味の尽きないことでもあります。また大学時代に中国語をマスターしてみたらどうでしょうか。古くから漢字を媒介した語彙の交流があるため,中国語は比較的日本人に取っつきやすい外国語です。そして学習の過程ではぜひ中国での語学研修,語学留学を考えてみてください。中国語の学習ばかりではなく,「異文化」とはどのようなものなのかがきっと身にしみて分かるはずです。事細かには記しませんけど,愉快なことばかりじゃないです。私自身,大学生の時,北京での短期語学留学に参加したことが中国語教員になった最大の原因です。同級生に誘われてその短期留学に参加していなかったら,私が愛媛大学で中国語を教えることもなかったと思います。人生ががらりと変わってしまうような,しびれる体験を皆さんも是非どうぞ。中国語をマスターして,「日本人としての自分」「中国人としての自分」,二倍の人生を楽しんでください。

楢林 建司教授

ならばやし たけし / NARABAYASHI Takeshi

,

専門分野:国際法

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 新たに生まれ変わった法文学部は,グローカル・マインドを備えた「グローバル人材」の育成を教育の理念として掲げています。そうした理念に対して,私はインターナショナル(国際的ないしは「国家間的」)な視点から貢献してゆきたいと思っています。
 例えば,日本は,世界に展開しているPKOに対し,さまざまな人的貢献,財政的貢献,知的貢献を行っています。なぜなのでしょうか。道義的な思いからでしょうか。権益や発言権を確保するためでしょうか。もちろんそうした動機や思惑はあるでしょう。しかし,内戦などで政府機能が崩壊した国に,日本がPKOなどを通して関わるのは,今なお世界平和の基盤をなしている主権国家秩序の崩壊を防ぐためだと,私は考えています。そして,このことは,日本の平和と繁栄のためにも不可欠だと考えます。
 たしかに,主権国家秩序の実相は,歴史の歩みとともに変わります。遠い将来には,世界連邦が出現するかも知れません。主権国家体制をいちはやく打ち立てたヨーロッパは,現在,さまざまな紆余曲折を経ながらも,1つになろうとしています。ただしこれは,あくまで主権国家秩序が段階を踏んで変化したものであって,その崩壊ではありません。世界には,シリア,イラク,アフガニスタン,ソマリア,南スーダンなどをはじめ,まだまだ安定した国をつくりえていない「国」が少なくありません。こうした「国」を安定させるため,我々は何をなすべきなのか,何をなしうるのか,何をしたらいけないのか,考えましょう。
 また,私は法文学部の一教員として,学生のみなさんに,時間や空間を越えて他者を理解する「共感力」と,具体的な課題を発見ないしは設定し,それに他者と協力して取り組む「実行力」を身につけてもらうため,微力を尽くしたいと思っています。大学という場をベースに,前向きの人間関係を広くつくってゆきましょう。

梶原 克彦准教授

かじわら かつひこ / KAJIWARA Katsuhiko

,

専門分野:歴史政治学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 私は19世末からのオーストリアにおけるナショナリズムの問題を研究しています。現在のオーストリア人にとって「自明である」オーストリア人という意識は,第二次世界大戦後に「形成された」ものだといわれています。私は,このオーストリア人意識がどのようにして形成されたのか,その過程を考察しています。
 舞台となる中央ヨーロッパは典型的な多民族地域で,民族同士の対立が生じ,そのため二度の大戦の舞台ともなりましたが,それだけに,現在でも傾聴に値するような諸民族共生の理論が提示された地域でもあります。さながら「実験場」のような地域の民族問題を,歴史を遡及して考え,これを現代や他の地域の問題と比較検討できるのです。このことは,日本人意識のように「当たり前」のように感じているものを相対化し,「なぜそのような意識を持っているのか」と問いなおす手掛かりにもなるでしょう。
 現在は,従来の研究をさらに進め,第二次世界大戦後の国民意識形成へ向けた動きを追求する一方で,現代に関する問題関心から「人の移動」を研究しています。具体的には,19世紀末から現在に至る移民・外国人労働者の問題,そして第一次世界大戦における捕虜政策と大戦後の帰還問題を検討しています。これらを通じて「国民国家の時代」と呼ばれる20世紀を再考できればと考えています。
 私の専門分野は,政治学の一分野である歴史政治学(政治史)です。歴史を取り扱う分野ではありますが,現代的な関心を持つ人にもおすすめです。「歴史は一度きり」だとすれば過去のことをあれこれ調べても意味はないのかもしれません。しかし人間社会の仕組みを知ろうとするとき,なかなか「実験」ができないことを思えば,過去の事象を通して現在の事柄を考察する必要性も生まれてこようかと思います。政治学のなかに歴史を取り扱う科目がある理由もここにあり,だからこそ,現代の問題に関心がある人にもぜひ学んでほしいと思っています。

土屋 由香教授

つちや ゆか / TSUCHIYA Yuka

,

専門分野:国際関係論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 最近,高校生と話をしていると,「どうしたら私たちはグローバル化できるでしょうか?」と言う人がいるのですが,「グローバル化」とは,否応なく押し寄せる波のようなもので,楽しいこともあるけれど,むしろ厄介なことのほうが多いのです。ちょっと前までは「テロ」というものは紛争地域の「ややこしい国」で起きるものだと,多くの人が思っていました。ところがいまや,過激思想はインターネットでまたたく間に世界に広がり,どの国の大都市がテロのターゲットになってもおかしくありません。また,中国の景気の良し悪しが,世界中の株価や為替相場に大きな影響を与え,日本企業にとっても死活問題になります。さらに,フクシマ原発事故やアメリカのシェールガス開発で,世界のエネルギー事情が大きく塗り替えられています。「どうしたらグローバル化できるか」ではなくて,「グローバル化の中でどう平和に生きて行けばいいのか」が問題なのです。
 大変な世界になってしまったものですが,しかし,その中で生き抜く技術(スキル)を身につけなくてはなりません。なんだか悲観的に聞こえますか?でも,出来ることはたくさんあります。まず,世界で起きていることを自分の目と耳でしっかり理解すること。国際ニュースをチェックしましょう。次に,日本の常識が必ずしも世界の常識ではないことを知ること。できれば外国で「アウェイ体験」をしましょう。さらに,文化や言語の異なる人たちとコミュニケーションをとること。語学を磨きましょう。そして,今ある世界や国々が「なぜこうなったの?」と好奇心を持つこと。政治外交や国際関係を学ぶことは,煮詰めれば外国の人が何に喜びや悲しみを感じるのか,その「心」を理解することに通じると思います。
 授業やゼミでは,今起きている国際ニュースを追いかけることもありますし,そのニュースの背景を読み解くための歴史や理論を学ぶこともあります。また「テロはなぜ起きるのか?」「なぜ核兵器は無くならないのか?」というような,一筋縄では行かない問題を真剣に討論することもあります。難しいことを,一緒に考え,学びましょう。

三上 了准教授

みかみ さとる / MIKAMI Satoru

,

専門分野:国際協力論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 人生は確率変数です。数ある潜在的な可能性の中で,どれが現実として出現するか,それは多かれ少なかれ偶然に支配されます。例えば,いつどこで生まれるか,学ぶか,働くか,死ぬか,すべては確率変数です。もちろん構造的制約や経路依存性により確率分布の形状は異なるでしょう。しかし,一瞬一瞬に偶発的要素が介在していることは確かだと思います。私は人生の一瞬一瞬を支配していた確率分布に思いをはせつつ,たまたま生起した現実を受け入れ,大切にすることをモットーにしています。
 さて,私は現在,主として開発援助政策の国際比較を行っています。これ自体も確率変数ですが,どのような政策がいつ行われるのか,ということも確率変数です。そしてその政策によって,誰がどのような影響を受けるのか,ということもまた確率変数です。しかし制度や政策は一斉に多くの人に影響を与えることが多く,上記のように影響の受け方は決して一様ではないとしても,ある種の傾向をもつことも事実です。私は制度や政策が説明責任を果たすためには,その平均的な効果を統計学等の科学的手法で明らかにしなければならないと思っています。
 と同時に,全体の中に含まれた一つの事例に注目することの重要性も認識しています。回帰モデルの想定によくあてはまるとしても,あてはまらないにしても,当事者にとっては実現値がすべてだからです。蓋然性は,個々の結果に責任を持ちません。私はその一つ一つの真実も知りたいと思っています。
 確率分布を俯瞰しつつ,個々の事例が,あるいは自分自身が,確率分布のどこに位置づけられるのか把握することは,ときに哀しく,もどかしく,そして興味深くもあります。学生の皆さんには,研究テーマに関わらず,しっかりとした方法論を身につけてもらいたいと考えています。

近廣 昌志講師

ちかひろ まさし / CHIKAHIRO Masashi

,

専門分野:国際金融論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 講義科目は「国際金融論」・「金融論」を担当し,「預貸率変動の国際比較」・「財政ファイナンスに対する銀行信用の機能」・「金融政策の理論展開」に関して研究しております。ものごとを最初から地球規模で大きく捉える事も必要ですが,逆に,メカニズムや具体的事例を積み上げることによって大きく捉えることも必要です。
例えば私がイタリアのピアノ工房からピアノを購入し松山に輸入するとします。その代金を支払うと日本(日本円)とイタリア(ユーロ)のマネー量はどうなると思いますか? 日本のマネーが減少し,イタリアのマネーが増加するような気がしませんか? しかしその答えは,多くの場合,日本円もユーロも,マネー量は変化しません。
 また,日本のウェブショップで買い物をして,商品も配送も支払も国内で完結しているように見えても,その取引が外国籍企業による国際商取引として認識されるとどうでしょう。商売で得た利益の内,どこの国で税金を納めることになるのでしょうか。タックスヘイブンを利用して納税額を減らそうと企業が画策すると,日本で稼ぎ出した利益が日本の法人税として納められなくなり,財政は逼迫し,とりやすい相手から徴税するようになります。日本の税制問題も,既にしてグローバル社会としての問題なのです。日本が世界とつながっているというよりは,地球があってその中にあるひとつの国=日本でしかありません。
 日本銀行がマネー量を自由に増加させ,マネー量が増えれば物価が上がると思っている人はいませんか? 金融政策にしても,米国が無意味さや誤りに気付こうとしているときに,日本ではまだ日銀の「気合い」が足りないと信じている人たちが減りません。「気合い」とか「頑張る」という良くわからない言葉を使うのは,メカニズムがわかっていないからでしょう。是非,グローバル社会について経済金融の側面から勉強してみましょうよ。

松井 隆幸教授

まつい たかゆき / MATSUI Takayuki

,

専門分野:国際貿易論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 歴史と文化の町,ここ松山に平成11年より前勤務先の福岡大学から単身で赴任して参りました。当初は縁もゆかりもなかった松山の地でしたが,いつしか年月は流れて今日に至りました。おそらく居心地が良かったのでしょうね。おかげさまで,今では週に2~3回は松山城に登城し鋭気を養う日々を過ごしています。
 さて私は,このように恵まれた環境の中で,これまで主として2つの研究テーマに取り組んできました。一つは,欧州諸国の通商政策に関する研究です。これは,第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期に欧州を舞台に展開された欧州列強による市場分割と第二次大戦後に二つに分断された東西欧州市場の統合の歩みを中心とした通商政策の史的分析です。もう一つは,中・東欧諸国の貿易と技術に関する研究です。これは,西側先進諸国と旧社会主義諸国との技術水準の比較分析と西側先進諸国から導入された外国技術の役割及び東欧諸国における国内の研究開発(R&D)に関する分析です。またゼミでは,これまで環境にまつわる諸問題について取組んできました。
 私のモットーは,「やさしく教え,採点は厳しく」です。学生諸君にいちばん嫌がられるタイプかも知れませんね。そこで好奇心旺盛なみなさん,どうぞ学生時代にいろんなことにチャレンジしてみてください。人は,とかく早く成果をあげたがるものですが,ここは焦らず腐らず諦めず「三歩前進,二歩後退」ぐらいの気持で一歩一歩確実に歩み続けて欲しいと思います。もっとも二歩進んで三歩下がるのはちょっといただけませんがね。談