人文学履修コース

松本 長彦教授

まつもと おさひこ / MATSUMOTO Osahiko

,

専門分野:哲学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 「私」とは何でしようか。なぜ私は生きているのでしょうか。なぜ目の前にあるこの小冊子が「ある」と言えるのでしょうか。なぜ私たちは善いことをすべきであって,悪いことをしてはいけないのでしょうか。私たちにとって「世界」とは何でしょうか。どのようにして私たちは世界について知識を獲得し,それを正しいものとして認めることができるのでしょう。そもそも私たちが何事かを知るとはどういうことでしょうか。このような問いは,私たちが生きている以上必ず一度は心に浮かぶ問いでしょう。「哲学」とは,このような問いをごまかすことなく真正面から問いとして立て,それに対して論理的に筋の通った答えを与えようとする学的な試みです。
 授業では主にヨーロッパ近代の哲学思想を取り上げています。それは,現代に生きる私たちが個人や社会や国家さらには世界全体の在り方を理解しまた構想して行く上で,近代ヨーロッパという,時代的地域的には特殊性を免れない哲学思想が,同時に,人間が存在する以上必ず直面する諸問題に一つの解答を与えており,その意味で普遍的な性格をもつと考えるからです。このような見通しの下に,現在のところ私は,デカルトやロックといった哲学者達の認識論及び意識論を検討しながら,これを18世紀後半のドイツの哲学者カントの哲学に収斂させ,カントの超越論的哲学を手引として,知の普遍的基礎づけ(同時に存在の基礎づけ)を試みることを主な研究テーマにしています。しかし,概論授業では,このテーマだけにとらわれることなく,できるだけ哲学の一般的諸問題を紹介し考察するようにしていますので,ご安心下さい。
 ところで,諸君は私の仕事は諸君に哲学という学問を「教える」ことだと期待してくれるかも知れませんが,私にはそんな大それたことはできません。カントも「哲学を学ぶことはできない,学びうるのは哲学すること(philosophieren)だけである」と言っています。これは哲学に限らず,大学に於ける学問一般について言えることでしょうが,私たち教員の仕事は,学生諸君が自主的に行う学問の手助けをすることだと私は考えています。私の場合は,諸君より少し長く哲学を勉強してきた先輩として,諸君が「哲学する」ことに意義と楽しさとを見つけ出すためのお手伝いをしたいと思っています。

山本 與志隆教授

やまもと よしたか / YAMAMOTO Yoshitaka

,

専門分野:哲学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 哲学は,古代ギリシア以来人間の知の根源を探求する学問として,我々が生きる世界と,その中の我々自身の存在について全体的かつ,根源的に考察してきました。そもそも哲学(philosophy,Philosophie)の語源がギリシア語の「知を愛し求めること(philosophia)」であったように,他の諸学問が「なにかのため」という実際的な目的を持つのに対して,哲学はそうした個別的な目的を持たず,専ら「知そのもの」を問い求めてきたということです。
 これは,現代の自然科学がテクノロジーと密接に結びつくことで実践的,実用的な知識を求めるのに対して,哲学が目指すのはそうした実践知とは異なる在り方をする,実用的な価値から切り離された「知そのもの」だということです。そしてこの「知そのもの」こそが他の全諸学問を根底において基礎づけるものなのです。
 そこで,哲学の意義が明らかになります。現代の学問として最も有力な自然科学は,我々人間の実際上の生活に多大な恩恵をもたらしました。科学技術の恩恵を一切排除するとすれば,我々は一日として生きることはできないでしょう。しかし一方で自然科学は,人間の環境世界としての自然の破壊や,人間の生命や死の概念の動揺といった,人間の存在にとってきわめて重大で,深刻な問題を投げ掛けていることも確かです。このような問題の生じてくることが,自然科学に本質的であるとすれば(私にはそのように思われますが),当の自然科学自身がこれらの問題を解決することは不可能でしょう。問題解決の前題として,まず自然科学そのものを問い,その根底にある本質を問い質すことが必要になります。これこそ哲学の役割です。しかも,問題がとりわけ我々自身がそれであるところの人間の存在に関わるものであることから,人間存在に問い掛けることになります。
 以上から,哲学的に世界と人間の存在を考察する必然性が明らかになったと思います。もちろんこのような必然性もさることながら,哲学としては,人間の存在について知ること自体の喜びや楽しみを忘れてはならないでしょう。授業はできるだけ皆さんとともに考えながら,人間存在についての理解を深めていきたいと思っています。

中筋 朋講師

なかすじ とも / NAKASUJI Tomo

,

専門分野:表現文化論

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 みなさんは演劇を見にいかれたことはあるでしょうか。映画に行くことはあっても,お芝居を見にいくことはあまりないかもしれません。日本では,劇場という場所が,行き慣れていないと少し敷居が高く感じられるからでしょうか。あるいは,特殊効果も場面転換も自由自在な映画のほうが楽しいと思われてのことかもしれません。けれども,その場に生身の人間がいて,同じ空間を共有しているということのインパクトはとても大きなものです。生身のからだと対峙することができるのは,さまざまな芸術のなかで演劇やダンスといった舞台芸術の特権だと言えるでしょう。
 現代演劇では,この生のからだと向きあう体験自体が生みだすドラマを軸にした舞台づくりが数多くなされています。そこでは,ドラマを生みだすことのできるような独特の強度をもったからだとはどのようなものなのかが重要になっています。演技のためのトレーニングは劇団や指導する演出家によって千差万別ですが,そうは言っても,たいていの場合にからだづくりの基盤になるのが「脱力する」ということです。ただし,脱力する――リラックスするということは,ただ「だらっとする」ことではありません。からだがリラックスした状態とは,からだに余計な力が入っておらず,そのおかげでそれぞれの場面に応じて必要な動きがすぐにできる状態です。自分の内側の状態にも,外側からの刺激にもアンテナをはりめぐらせていて,それでいて神経質になっているのではなく,落ち着いた状態です。からだの感受性が高まっている状態と言うこともできるでしょうか。
 このようなからだの状態を知り,身につけておくことは,演劇をするためだけではなく,日常においてもとてもプラスになります。みなさんは大学に入ると,たくさんの人に出会う機会があると思います。それぞれに,さまざまな考えや興味をもった人たちです。リラックスして人と向き合うことで,自分とはちがう考えや興味をスムーズに共有することができます。さまざまな考えを知ること,ちがいを受けいれること,そこから変化すること――それは人生の手ざわりを生みだし,これからさまざまな局面で支えになってくれるものです。

十河 宏行准教授

そごう ひろゆき / SOGO Hiroyuki

,

専門分野:心理学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 皆さんは「心理学の講義」と聞いてどういう内容を想像するでしょうか。私が担当する講義を受講生の皆さんのコメントカードでは毎年「想像していた内容と違う」という意見がたくさん寄せられます。このような食い違いが生じる原因のひとつは,心理学が「こころ」という私たちにとって身近でありながら謎に満ちた「何か」を扱うために,いわゆる「理系」分野を含めた幅広い学問分野の知見や手法を駆使するという点にあると思います。
「大学入学前には全然興味がなかったけど講義を受けてみたら意外な発見があった」といった経験は大学生活の醍醐味のひとつだと私は考えていますので,「想像と違う!」という受講生の皆さんの反応は悪いことではないと私は思っています。ただ,「心理学関連の資格を取得したい」,「カウンセリングのことを学びたい」といった明確な目的を持っている方は,大変だと思いますがそれぞれの大学で開講されている講義の内容や,取得できる資格を受験前によく確認してください。また,三年次編入で本学科を受験したいと思っている方も,「想像と違う!」となった後の軌道修正が難しいので,やはり自分が学びたいことと本学科で行われている講義の内容が合っているかしっかりと確認することを強くお勧めします。
 なお,私自身の専門分野は眼球運動の心理学です。私たちが物事を目で見て認識する際の眼球運動の役割やそのメカニズムに興味があります。また,人の目の動きを計測するための技術や,心理学実験を行うためのソフトウェアの開発にも興味を持っています。以下のwebページにて研究内容を紹介していますので,詳しくはそちらをご覧ください。
 十河研究室webページ:http://www.s12600.net/psy/

大塚 由美子准教授

おおつか ゆみこ / OTSUKA Yumiko

,

専門分野:心理学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 今,このメッセージをご覧になっている皆さんは,目を開ければものが見えるということを当たり前だと思っているかもしれません。私の専門としている知覚心理学の分野では,この「当たり前にものが見える」という状態がいったいどうやって達成されているのか,その仕組みについて研究します。当たり前のように瞬時に生じる「見え」がどういう過程を経て生じるのか意識的に認識することは困難です。そこで,様々な映像がどのように認識されるのか実験的に調べたり,映像を見ている際の脳の活動を調べることを通して,脳でどのような情報処理がなされているのか探求していきます。これは,皆さんが思い浮かべる「心理学」の内容とだいぶ違っているかもしれません。
 初対面の人に「心理学の研究をしている」と伝えると,決まってニヤリとした笑みとともに「じゃあ私の心が読めるでしょう?」といった反応が返ってきます。実際には,心理学的研究を行うことで,他人の心を言い当てられるようにはなりません。心理学を学んでいるか如何にかかわらず,私達は身振り・表情・視線や声の調子などのさまざまな情報に基づいて他者の意図や気持ちを推測する能力をある程度備えています。知覚心理学の分野では,例えば,そのような推測を行うための基礎となる,顔から視線の方向や表情などの情報を取得する知覚の仕組みや特性を,顔画像への反応を調べる実験を通して検討してゆきます。
 私自身は「他人の心を読む」ことではなく「赤ちゃんの視知覚」に興味を持って研究を行ってきました。もちろん,赤ちゃんは世界がどう見えているのか言葉で答えてはくれません。そこで,赤ちゃんの視知覚について科学的に研究するために,様々な映像に対する赤ちゃんの行動の差異を吟味していく心理学的な実験手法が開発されてきました。このような心理学的実験を積み重ねることを通して,赤ちゃんの認識を探っていきます。

竹川 郁雄教授

たけかわ いくお / TAKEKAWA Ikuo

,

専門分野:社会学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 社会学は人と社会との関わりを考える研究領域の一つだが,その対象や方法はさまざまである。最近では,メディア,福祉,医療,犯罪,環境など,日常生活の多様な方面にアプローチする傾向が見られ,分析視座も社会の秩序に関する機能主義的なものから日常生活の一面を読み解こうとする相互作用論的なものまで多様化している。
 さてわたしは,1984年からいじめの調査研究会に入り,その後もいじめについて考察してきた。わたしの関心は,児童生徒の間で実際におこっているいじめにどう対処していけばよいのかという直接的な問題にあるのではなく,いじめを発生させる条件や背景的要因を考えることにある。仲間集団で作られるルールや決まり事が各メンバーにどのように影響しているのか,いじめられる側にも責任があると考えるのはなぜか,まわりで見て見ぬ振りをするのはどのような意識や作用がはたらいているのか,といったことをテーマとしている。そうした視点は,いじめに限らず,不登校や摂食障害などの問題,現代の家族や若者の行動,流行現象や人々の生活意識などと通底しており,これらのテーマに関心を持つ学生諸君と一緒に考えていきたいと思っている。
 さらに最近は,現代の四国遍路について調査を実施して,その実態や遍路する人々の意識を解明することをテーマとしている。何度もお四国を回る人々がたくさんいるのはなぜか,その魅力を明らかにできないかと考えている。

野崎 賢也准教授

のざき けんや / NOZAKI Kenya

,

専門分野:社会学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 食と社会や環境の関係を研究しています。食べものが作り出される自然環境・生態系や地域社会と,食べものの消費は相互に影響しています。ここ数年,日本でもやっと話題になり始めましたが,クロマグロやウナギなど,絶滅が危惧されている水産物の大半を消費しているのは日本です。このままではダメなのは明らかなのに,自分でブレーキをかけて止められないまま,行きつくところ(=絶滅)まで行ってしまいそうな,食べ尽くしそうな勢いです。
 食の安全についても同様で,日本社会は一面では食の安全にとても厳しいですが(食べものの外見や異物混入など),他方では世界的に安全性が危惧されている食品添加物や化学物質(人工甘味料やトランス脂肪酸など)は規制も進まず,身近に氾濫しています。日本社会は,食べものによって深刻な健康被害を引き起こした水俣病等の公害や森永ヒ素ミルク事件などを経験したはずですが,その反省がいかされていると思えません。授業で水俣病のことを取り上げると,多くの学生はその名称を知っているだけで,水俣病が認められるまでに長い時間がかかって被害が拡大したことも知らないし,それが遠い過去の出来事だとイメージしていて,いまでも救済されていない被害者が多いことも知りません。「臭いものにフタ」という言葉があるように,都合の悪いことを直視せず,途中で止められず行きつくところまでいってしまうのは,食べもの以外にも日本社会にはたくさんの事例があると思います(「戦争」もそうでした)。テレビや新聞などのマスメディアやジャーナリズム,そしてアカデミズムのあり方も関係があるでしょう。
 食と健康の問題では,しばらく前から肥満と貧困の関係も知られるようになりました。世界の「飢餓人口」は8億人,その一方で「肥満人口」は数年前に20億人を超えたと推計されています。しかし,これは世界が豊かになったからだと単純には言えず,飢餓も肥満もどちらも「貧困」が関係しています。先進国でも途上国でも,貧困層で肥満が増加していて,これは社会の「格差」と関係があります。日本も貧困が社会問題とみなされるようになり,特に「子どもの貧困」が懸念されています。
 食に関わる様々な社会問題を,フィールドワークや実践活動も交えて学んでもらいたいと思っています。

朝井 志歩准教授

あさい しほ / ASAI Shiho

,

専門分野:社会学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 地球環境問題をはじめとして,今日の社会では環境問題に対する関心が高まり,経済や政治,私達の生活など社会の様々な領域のあり方が環境問題と関わっていると考えられるようになりました。しかし,環境問題への関心が進んだ今日でさえも,未解決なまま放置されている環境問題も社会には存在しています。これまで私の研究では,オゾン層破壊物質であるフロンの回収が法律で義務付けられるまでの過程や,米軍基地周辺での騒音問題など,現代の日本社会で解決されてこなかった環境問題を取り上げ,市民運動やNPOの取り組みが問題解決過程にどのような影響を与えてきたのかという点に関心を持ってきました。つまり,環境問題の発生や問題解決が困難な構造的要因の解明と,市民運動による問題解決への取り組みという相互関係について,社会学の観点から研究しています。
 環境問題というと,自然科学の領域での研究だと思われる学生も多いかと思いますが,環境問題というのは自然災害とは違い,人間の諸活動が原因となって発生しています。そのため,人と社会との関わりや,社会規範の形成,集団内での意思決定,社会構造の変化や文化のあり方などといった観点で物事を捉える社会学でこそ,環境問題の把握に有効であるといわれています。
 2011年3月の東日本大震災による福島第一原発の事故以来,放射能という環境リスクの大きさを社会はどのように考えていくべきかという問題に私達は直面しています。社会の持続可能性がますます問われるようになってきた中で,原発問題をはじめとする様々な環境問題を通して,地域や社会,私たちの生活のあり方など,これらのテーマに関心を持つ学生たちと一緒に考えていきたいと思っています。

兼子 純准教授

かねこ じゅん / KANEKO Jun

,

専門分野:地理学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 出身は愛知県豊田市で,これまで新潟県と茨城県つくば市に在住していました。それぞれ地域的な特徴や個性を持つ場所ですが,共通していたのは「自動車社会」であったということです。いわゆるモータリゼーションの進展によって,われわれ生活者は便利さを享受するとともに,活動の範囲を大幅に広げてきました。そのような生活者(消費者)に対して,チェーンストアと呼ばれる企業群は,消費者の身近な場所に店舗を展開し,大量仕入れやコストの削減によって低価格な商品を販売して,消費者の支持を集めて成長してきました。今まで大都市に行かなくては買うことができなかった衣料品や雑貨のブランドも,現在では全国各地に展開するショッピングセンターで手に入れることができます。そのような背景には,道路網整備による物流システムの発達や情報システムの高度化といった技術の進歩が欠かせません。
 以上では近年の買い物環境を巡る「善」の側面を強調してきましたが,「負」の側面はないのでしょうか。上記の店舗群は消費者の近くに店舗を立地しようとするあまり,「郊外型」「ロードサイド型」の商業集積地を新たに生み出してきました。衣料品チェーン,家電量販店,大型ショッピングセンター,食料品スーパーなどなど・・・。限られたパイ(人口数)の中で,新たな購買先が生まれれば,奪われる場所もあります。それが中心市街地の空洞化問題と呼ばれるものです。なぜ,中心市街地を活性化させなければならないのか?これは学問上での課題でもありますが,中心市街地はやはり「都市の顔」とも呼ぶことができる存在で,その都市の経済,社会,文化の基盤となるべき場所です。自分の出身地が没個性で他の都市と何ら違いがなければ,その土地に愛着を持てるでしょうか。私は愛媛という土地で,今後の都市がどのような存在であるべきなのか考えていきたいと思います。
 2008年の日経流通新聞(日経MJ)によれば,皆さんの世代の若者は「巣ごもり族」と呼ぶそうです。つまり,車離れ,酒離れが顕著で,インターネットや電子機器を活用して自宅での快適な生活を楽しみ,行動範囲を広くしない志向の世代だそうです。これは悪い側面ばかりを強調した話ではありません。若者の車離れは,環境問題への強い関心の現れであり,これからの都市社会は公共交通を活かしたコンパクトなまちづくりをしていかなくてはならないのですから。しかし,せっかく松山という土地で過ごすからには,一歩まちへ出かけて「見て」「聞いて」「話をして」見ませんか。地理学のアプローチは多様ですが,私はさまざまな土地で見て,聞いて,話をして,その地域の構造を把握することに努めています。さまざまな土地に出かけ,さまざまな人から話を聞き,たまにはお酒の力を借りながら語り合える,地理学はそんな魅力のある学問ですよ。ぜひ,一緒に地理学を学びましょう!

笹田 朋孝准教授

ささだ ともたか / SASADA Tomotaka

,

専門分野:考古学

メッセージを見る

教員からのメッセージ
 人類が使用した利器の材質で時代を区分する方法があります。この時代区分を使用した場合,約三千年前から現在に至るまで“鉄”の時代が続いてきました。わたしはこれまでその“鉄”が文化や社会にどのような影響を与えてきたのかについて,考古学の手法を主に用いて研究してきました。現在の主なフィールドは東北アジア(モンゴルやロシアなど)ですが,東アジア古代鉄文化研究センターの研究員だったころは国内外の様々な遺跡の調査に関わってきました(モンゴルの大草原,ゴビ沙漠,シベリアの森林地帯,江戸遺跡,沖縄のグスク,北海道のチャシなど)。最近では江戸時代や明治の鉄も対象としています。
 考古学はフィールドの学問ですので,みなさんも大学の外での調査と学内での研究の両方をすることになります。屋外の調査はそれなりに大変ですが,普段の生活では味わうことのできない貴重な体験を積むことができます。また,それぞれの土地では現地の方々と交流を深めながら,共同で調査を行うことになります。
 学力はそこまで問いません。精神力と体力があって,いろいろなことに物怖じしない学生さんを歓迎します。